1人ナンパでモテ力アップ!女性が教えるソロナンパ法


友だちとのグループナンパ。

1人より強気になれるし、女の子にも警戒されにくいですよね。

フラれちゃっても、「ハイ次いこっか~!」って気分も楽。

でもナンパする度に友達を誘うってのも大変。

「あの子可愛い!」

急に好みの女性を見つけた時にも、対応できません。

でも、グループナンパよりソロナンパが出来た方が良いんですよ!

自由に声をかけられて、経験値も貯まります。

確実にナンパが上手くなるのは、圧倒的にソロナンパ!

1人でナンパはちょっと…って方に向けて、1人ナンパのコツをまとめました。

ナンパされる側である女性の本音なので、しっかり覚えてくださいね!

チャラチャラとグループナンパする人より、1人で誠実そうな人に声を掛けられる方がずっと嬉しいです!

1人ナンパのメリット

1人ナンパのメリット
 
上でもお伝えしたように、1人ナンパは良いことがたくさんあります。

確かにグループナンパの方が、声をかけやすいですよね。

ノリで行けるし、友だちにも助けてもらえる。

でも1人だったら、全部自分でやるしかないんです。

行けそうかの見極めも、声かけも、断られた時のメンタル修正も(笑)

つまりその分だけ、どんどんナンパが上手くなるってこと。

声かけやトークのスキルも上がるので、1人ナンパを極めればモテ力もアップ!

それにグループだと人数が合う女性しか狙えず、ターゲットが少ないですよね。

1人ナンパなら余るほどターゲットがいるので、100人切りも夢じゃないですよ。

誰かに都合を合わせる必要もないので、目的も自由。

「今日は連絡先ゲットだけでいいや」

「今日は最後まで行きたい!」など…。

コミュ力もモテ度も身につくソロナンパをやらない手はないですよ!

1人ナンパが怖いのは誰でも同じ。
1歩踏み出す勇気が、その後のモテ力を分けるんです。

1人でのナンパに向いている場所5選

ナンパに向いている場所
 
ソロナンパをするなら、声をかけやすく悪目立ちしない場所を選ぶのが大事。

例えばビーチや学園祭はグループナンパのチャンススポットですが…

1人ナンパしてたら寒いですよね(笑)

私の経験をもとに、女の子が1人ナンパに応じやすい場所を5つピックアップしました。

ナンパスポット

いわゆる有名なナンパスポット。

東京だと、銀座コリドー街や新宿駅東口付近とかですね。

ナンパスポットの良いところは、ナンパ待ちの女の子がいること。

ナンパ待ちの子は受け入れ態勢ができてるので、無視が少ないですよ。

ただしナンパ待ち女子は、外見重視の子が多め。

第一印象が良ければ話を聞いてもらえるので、自分磨きでモテを作り挑みましょう。

バーや立ち飲み屋

1人で飲むって渋いイメージですが…

おひとり様が流行りの今、1人飲みの女性って普通にいます。
私も飲みたいけど誰か誘うのが面倒なとき、1人で飲みに行きますよ。

オシャレなバーより、フラッと入れる立ち飲み屋が好きです。

バーのカウンターでも、1人飲みの女性をよく見ますね。

でも落ち着いたお店でナンパって、店員からも女の子からもイヤがられがち。

初めてでもワイワイ飲めるような、フランクなお店を選びましょう。

「このお店何が美味しいの?」なんて、オススメメニューを聞くのが、飲み屋ナンパの鉄板。

マスターと仲良くなれば、女の子を紹介してくれることもありますよ。

(※バーでのナンパについて紹介しています。)

待ち合わせスポット

待ち合わせで相手が遅れるって、よくありますよね。

そうじゃなくても、早く着きすぎたとか。

待ち合わせスポットで暇そうにしてる子は、1人ナンパの良いターゲット。

普段ナンパに応えない子でも、「話くらいなら」と思いやすいです。

コツは、無理に連れ出そうとしないこと!

これから人に会うんだから、連れ出せるワケないですよね。

「ちょっとだけお話しませんか?僕も相手が遅れてて…」

そう話しかけて、共感から入るのがいいですね!

そして別れ際に「すごく楽しかったです。よかったら連絡先交換しませんか?」

このパターンを繰り返せば、1日で数人の連絡先ゲットくらいは簡単です。

繁華街の近く

飲み屋街周辺も、1人ナンパができるスポット。

「買い物終わったけど、そのまま帰るのはつまらないな…」

「飲み会終わったけど、まだ帰りたくないな…」

そんな女性を、ピックアップしましょう。

ゆっくり歩いてる女性は、予定がない証拠。

ナンパ待ちの可能性もあります。

夕方~20時ごろは食事に誘うスタイルで、それ以降は飲みに誘う感じですね。

すでに酔っている女性を2件目に誘えれば、そのままホテルもあり得ますよ。

駅の近く

様々な人が通る、駅の周辺。

ここも1人ナンパ絶好のスポット。

待ち合わせの女性や、まだ帰りたくない女性…

もしくはナンパ待ちなど色んな女性を狙えますね。

キャリーケースをひいた就活生や、1人旅の女性も狙い目。

「〇〇は初めて?案内しましょうか?」

「名物の〇〇は食べた?よかったらご馳走するよ!」

こんなノリが成功しやすいですよ。

人間観察にもなるので、1度駅で張ってみるのはオススメです。

1人ナンパ初めてのときは、まずは連絡先交換を目標にすると良いですよ。

1人ナンパ成功のコツ

ナンパに応じる女性
 
女性の目線から、1人ナンパを成功させるためのポイントを教えますね。

どうしても1人だと、気が小さくなって縮こまりがち。

自信がなさそうな男性に、ついていきたいと思う女性はいませんよ!

「俺と付き合ったらいいことあるよ!」

くらいの気持ちで、ガンガン声かけしましょう。

ナンパは見た目が命

あなたは女性に声をかけるとき、どこを見ますか?

絶対見た目ですよね。

声をかけられる女性も同じ。

顔や服装・髪型を見てます。

つまり印象の良い声かけをしても、頭ボサボサ服ダサダサじゃダメってこと。

最低限、美容室で似合う髪型にしてもらっておきましょう。

服も似合うスタイルを、店員さんに提案してもらうと良いですね。

基本はシンプルな爽やか路線でまとめてください。

「顔は変えられないし…」

そう思う方もいますが、髪型で顔の印象は大きく変わります。

多少ポッチャリした人なら、ダイエットでイケメンになることも。

ネットニュースにまでなりましたが、ここまで変わった人もいるくらいです。

身近なカッコいい男性に、アドバイスしてもらうのも良いですよ。

しっかり挨拶しよう

ソロナンパの相手は、当然1人きりの女性。

でも、1人のときに、急に声をかけられるとビックリするんですよね…。

私もナンパで突然肩を叩かれて、逃げちゃったことがあります。

相手に不信感を抱かせないためにも、まずはしっかり挨拶してください。

「こんにちは!今日、めっちゃ寒いですね~」

「こんばんは、今って待ち合わせ中とかですか?」

日本人は礼儀を大事にするので、挨拶してくれる人は好印象!

爽やかな印象もつくので、挨拶して悪いことは無いですからね。

明るくハキハキ話そう

1人ナンパって勇気が出ないでくて、どうしてもモジモジしがち。

私が経験したナンパも、グループナンパは明るく話しかけてくる人が多かったです。

でもソロナンパは「あのー…」と暗い人多め。

何を言いたいのか伝わらないと、怖がられるだけですよ!

ちょっとウザいかな?ってくらい、テンションは高めで。
それでも1人ナンパは、周りから見ると普通なことが多いです。

ソロナンパはとにかく明るくを心がけて下さいね。

「褒め」からスタートする

初心者ナンパ師さんにオススメしたいのは、褒めから始まるナンパ。

よくナンパでこう聞かれますが…

「今暇ですか?」

「暇じゃないです」

こう答えて終了、もしくは無視。

それが褒めスタートのナンパだと、こう変わります。

「こんにちは!すみません、あまりに可愛い人がいたので声かけちゃったんです」

「こんばんは~そのピアス、すごい可愛いですね!どこのブランドですか?」

褒められると、つい聞いてしまうのが人間というもの。

正直、嬉しくないわけないですし(笑)

私も褒められちゃうと「え、ありがとうございます…」って反応しちゃいます。

「目が可愛いと思ったら、髪もサラサラで素敵!あら、指もキレイ!」

なんて褒め倒されて面白くなって、飲みに行っちゃったことも。

褒めるナンパは、女性も応えやすいんですよ。

簡単に諦めない

断られてすぐ諦めてたら、いつまでもナンパ成功しません。

無視されても、少しくらい粘ってみましょう。

一回目「お茶しませんか?」→無視
二回目「電話番号だけでも教えてください!」→無視
三回目「LINEだけでも!」→成功

ある程度食い下がることで、連絡先ゲットできるパターンは多いです。

これって「ドア・イン・ザ・フェイス」と呼ばれる、心理学のテクニック。

1度断ると次の提案は断りにくいという、人間の心理を突いた方法です。

もちろん付きまとったり、あまりにしつこくするのはダメですよ。

1人ナンパは自分に興味を持ってもらうのが大事なので、ノリよく話しかけて「何か面白そう!」と感じさせましょう。

1人ナンパの注意点

1人ナンパの注意点
 
最後に、1人でナンパするときに気を付けて欲しいことをお伝えしますね。

以下を覚えておけば、落ち込むことが減りますよ!

1人でナンパされるのを怖がる女性が多い

1人で歩いてるときに声をかけられると、シンプルにビックリします。

暗い道だと、恐怖を感じることも…。

1人の女性に声をかけるなら、明るい道で明るいノリ。

これが鉄則です!

少しでも不信感を持たせたり怖がらせたら、確実に拒否されちゃいます。

急に腕をつかんだり肩を叩くのは、絶対NGですよ!

私もされましたが、本当に怖いです。

騙す系・ネタ系はリスク高い

「〇〇落としましたよ!」
「△△に行きたいんですけど、教えてもらえます?」

ナンパとは違う切り口で声をかける方法、ネットでもよく紹介されてますね。

「じゃがりこ落としましたよ!」

から始める、じゃがりこナンパも話題になりました。

でもこれ、された側から言わせてもらうと「騙された!」って思います。

親切に道を教えてあげたのに、実はナンパ…

普通にイラっとしちゃうんですよね。

騙す系やネタ系のナンパは、ハッキリ言って上級者向け。

かなりナンパに慣れて、トークが上手くなってからの方が良いですよ。

とにかくめげないのが大事

ソロナンパ最大の難点は、慰めあえないこと!

仲間がいないと、メンタルを保てないんですよね…。

そもそもナンパって、失敗するもの。

プロのナンパ師なんて言われる人も、失敗の方が多いですよ。
(3割連絡先が聞ければ、プロレベル)

断られてもめげずに、フラれた人数をネタにするくらいの気持ちで!

「お姉さんで無視するの記念すべき100人目なんです!記念にLINE教えてください!」

私はこう言われて、教えちゃったことがありますよ(笑)

どう声をかけたら良いかは、自分が女性の立場になってみるとわかりやすいですよ。
あとは鏡の前で笑顔の練習です!

まとめ

ナンパに笑顔で答える女性
 
1人のナンパは勇気がいりますよね。

でも対人能力がアップするし、会話が上手くなりモテ力もアップ!

ソロナンパするようになり、営業成績が上がったって人も。

断られたり無視されるのは想定内です。

モテ経験値が上がったと思って、すぐ次に切り替えましょう。

イケメンがナンパしても、無視って女性は少なくありません。

ナンパに乗る女性を引き当てられるかは、運次第でもあるんですよ。

弾数が多ければ多いほど、成功の数も増えます。

めげずにガンガンチャレンジするのが、ソロナンパ成功最大の秘訣ですよ!

どうしても面と向かって断られるのがキツイって人は、ネットナンパも試してくださいね。

ストリートナンパの攻略法も紹介していますよ!

 

書いた人:なみ子
コスプレ・バンギャに一通り楽しんできた普通の女子。 ナンパされることも多くて、ワンナイトも… でも、女の子の気持ちを考えないナンパに「もう一歩!」と感じています。 女性目線から男と女の出会いについて紐解きます!