デートは奢るべき?男性はどこまで奢ればいいのか教えます


デートで男性の悩みどころの1つ言えば、デート代を奢るかどうか。

「完全に男が奢るべき?」
「でも毎回だとキツいな…」
「割り勘でもいいの?」

そんな悩みに、女性の立場からデート代の出し方について答えます!

初デートの支払いから、2回目以降の割り勘までしっかりお伝えしますね。
割り勘のNGパターンもあるので、注意してください。

デート代の割り勘は、あなたが彼女のことをどれくらい想ってるか伝わる部分。
無理する必要はないですが、ケチりすぎはダメですよ。

初デートは奢ろう!ついでに女性の態度を見極め

デートするカップル

デート代の支払いで、1番悩むのは初デートのときですよね。

全部出した方がいいのか…
ちょっと多めに出した方がいいのか…

その疑問に対する答えを、女性の立場からお伝えします。

結論から言うと、初デートは奢るべきです!
その理由を解説しますね

「初デートは奢られたい」が女性の本音

ここ数年で「女性は奢られて当然!」って女性は減りました。

私も男女は対等と思ってるので、基本は割り勘でOK。
でも…

正直、初デートも割り勘だとガッカリしちゃうんですよね。

「私って、初デートでも奢る価値なしって思われてるんだな」

こう思っちゃう。

高いお店じゃなくても大丈夫。
普通の居酒屋とかイタリアンとかで十分なので、初回は奢ってください。

実は女性って、初デートとなると結構出費しちゃうんですよね。

化粧品を新しく買ったり、服を新調したり…。
お財布は痛いですが、全てはあなたに好きになって欲しい、喜んで欲しいから。

そんな女性の気持ちに応えるためにも、初デートは奢ってくれると嬉しいです。

奢りで女性の態度を確かめよう

奢られて当然!って女性は減ったと言いましたが…
全くいないわけじゃないです。

「デート代は男性が出す」ってイメージが強く、そんな時代もあったからですね。
正直私も「え!私も払うの?」なんて思っていた時期も。

今でも乗り気じゃないデートは「払いたくないなあ」って思っちゃいます。

私の友達には未だに「男と出かけてサイフ出したことない」って女性もいますよ。

でも男性としては、財布を出す気もない女と付き合いたくないですよね。
なので初回は奢って、様子を見るんです。

ここで「自分も払うよ!」って言ったり、財布を出そうとするなら合格。

逆に財布を出すそぶりもなかったり、奢られて当然!みたいな態度ならナシですね。
もしくは脈なしなのかも?

初回デートで相手の態度や価値観がハッキリわかるなら、奢る価値はあると思います。

初め奢ると「当たり前」にならない?

「でも1回奢ったら、毎回奢る流れにならない?」

そう不安になるのもわかります。

女性としても単に奢られると、「この人は毎回奢ってくれるのかな?最初だけかな?」と悩んじゃうんですよね。

なので初回デート時に、こう言っておきましょう。

「今日は最初だし、カッコつけさせて!次から割り勘でお願い!」

「じゃあ今回はお願いしちゃおうかな」と気持ちよく奢られます。
加えて今後の支払いに対する心づもりもできるので、バッチリです。

「次から割り勘」と言いつつ、次回以降もちょっと多く出してあげると好感度アップ。

2回目以降のデート代の出し方は、次の項目を参考にしてくださいね。

いい雰囲気になっても「初デートで割り勘だったんだよなぁ…」ってわだかまりが残っちゃいます。
その後は割り勘でもいいですが、初デートだけはがんばってください!

2回目以降のデートは?どこまで奢ったらいいの?

初回デートは奢った方がいいとお伝えしました。

では気になるのは、2回目以降のデート。

完全割り勘?ちょっとだけ奢る?
悩みますよね。

結論として、ベストな奢りバランスは「7:3」です。

マイナビウーマンで、デート代を男女どちらが負担しているか調査した結果がこちら。

Q.デート代はどちらが払いますか? もっとも近いものを選んでください。
・ほとんど彼(18.8%)
・彼:自分=7:3くらい(38.6%)
・割り勘(37.5%)
・彼:自分=3:7くらい(1.7%)
・ほとんど自分(3.4%)
参考:デート代は、割り勘or彼のおごり? 正解はどっち!?

 
割り勘と7:3で男性が多く払うという回答が、同じくらい。
なので割り勘でもOKです!

でも女性の本音としては、少しでいいので男性に多く出してもらえると嬉しい。
「大事にされてるなあ」って感じがするからです。

相手との年齢差や収入差に合わせて、7:3~6:4あたりで奢れるとベスト。

キッカリ割り算するんじゃなく、こんなパターンがおすすめ。

「ご飯は俺が出すよ!後で映画代お願いしていい?」
「ここは俺が出すから、カフェ寄って行こう。そっちは出してもらっていい?」

こんな感じだと、女性は嬉しいしデートも長く楽しめて一石二鳥。

ご飯しか行く時間がないってときは、ちょっと多めに出して「あとお願いしていい?」がスマートです。

男性がちょっとでも多く出すのは、「好き」という気持ちの伝え方の1つと思ってください。
それに見合うだけ、彼女は化粧やオシャレを頑張ってくれるはずです。

彼女が「年上」「学生」「社会人」…そんなときは?

社会人女性

最近は女性が年上のカップルも増えましたね。
彼氏と彼女のどちらかが、学生ってこともあると思います。

そんなときは、デート代をどうやって負担すれば良いのか解説します。

彼女が年上

年上でも関係ないです!

ちょっとだけでも多く出す方が、印象良いですよ。
6:4とか、端数分多く出すくらいでも良いので。

明らかに相手の方が年収高くても、可能な範囲で出す方が無難です。

年収高めのキャリアウーマンは、正直ヒモ候補が寄ってくるんですよね…。
ヒモと思われないように、ちょっとでも出す姿勢を見せてください!

彼女が学生の場合

あなたが社会人なら、完全に奢りましょう!

社会人が学生にお金を出させるのは、正直カッコ悪いです。

彼女が申し訳なさそうにしてたら、「誕生日、手料理期待してるね!」とか言っておきましょう。

経済的な安心は、女性としても頼れる所です。

彼女が社会人の場合

あなたが学生なら少しくらい甘えても大丈夫。

でも学生とは言え、甘え過ぎは厳禁。
基本は割り勘しましょう。

「今日はいいよ」

こう言われたら

「ありがとう!社会人になったら奢るね!」

これでOK。
誕生日や記念日は、奮発してください。

基本的には年齢差があっても、出せる範囲で出しときましょう。
金銭的に厳しいときは、無理せずおうちデートするのも手。

これだけはダメ!割り勘のNGパターン

NG

基本的には完全奢りじゃなく、7:3程度の割り勘でOK。
ですが、女性をドン引きさせる割り勘パターンもあるんです。

以下の割り勘は、絶対しちゃダメですよ!

彼女の誕生日なのに奢らない

私も昔、誕生日のディナー割り勘だったことあります…。

普段は別にいいんですけど…。
祝ってあげたい気持ちが伝わらず、結構悲しかったですね。

自分の誕生日に割り勘されると、残念な気持ちになる。
これを機に別れたカップルもいます。

自分から高いお店に誘って割り勘

「たまにいいところで食事したいな」って思うこと、ありますよね。

ただ、そう思うタイミングが彼女も一緒とは限りません。
むしろ「今月ちょっと厳しい…」ってことも。

自分から高い店に誘っておいて、いつも通りに割り勘されるとキツいです。

もし予算高めのお店に行きたいなら、事前に予算を伝えるか、普段のデートより高くなる分はあなたが出してください。

1円単位まできっちり割り勘

「お会計が6,325円だから…1人3,162円ね!
端数の1円は俺が出すよ!」

まさかこんなこと、言ったことないですよね?
1円単位で割り勘する男は、どんな女性にもドン引きされます。

5:5の割り勘だったら、この場合は3,000円だけもらう形がスマート。
多めに出すなら4,000円出して、残りを払ってもらう感じですね。

普段は割り勘でいいですが、誕生日はいいとこ見せましょう!
プレゼント+食事奢りは、誕生日祝いの基本です。記念日も奢れたら印象アップ。

デートは奢るべき?【まとめ】

おサイフからお金を出す男性

女性にとって「奢られる」のは、「大事にされてる」って伝わるポイント。
もちろん金銭的に助かるのもありますが(笑)

7:3や6:4の割り勘でもいいので、多めに出してくれると嬉しいです。

あなたからの特別感が伝わります。

ただし!初回デートと彼女の誕生日は、割り勘NG。
「私のことどうでもいいんだ…」と思わせちゃいます。

金銭的にキツい時期は、ファミレスに行ったりおうちデートで乗り切ってください。

映画を借りて一緒に料理するのも、楽しいですよ。
もちろん、その後は言わずもがなです(笑)