温泉街のナンパ術を伝授!女性の予定を聞いて観光地で同行しよう


温泉街への旅行では美味しい食事と広いお風呂、風情のある街並みが楽しめます。

そして、温泉街は絶好のナンパスポットでもあります。

旅行中の女性は、ガードが甘くなるのでナンパしてもさほど嫌がられません。

むしろ旅先での交流を楽しみたいと思っているほど。

そこでこの記事では、温泉街でのナンパ術を紹介します。

温泉街の夜って意外と暇なもの。

そのタイミングをつかめれば、きっと仲良くなれますよ!

温泉街向けのナンパ術を使って楽しんでくださいね。

温泉街でナンパされる女性心理


温泉街には女だけのグループが本当に多い。

だからこそ余計に男性との出会いにも期待したくなるもの。

そこで温泉街でナンパされる女性について紹介しますね。

旅行は女性の気分を変えるから、落としやすいんですよ!

旅行先で期待する男女の出会い

女性同士で旅行するときの定番である恋愛話。

女性だけで楽しむ旅行だからこそ、異性との交流は盛り上がります。

気分転換のための旅は、なぜか出会いを求めてしまうもの。

そして旅先での出会いは運命を感じちゃうし、カッコよく見えるんです。

だからこそ旅先でのナンパは成功しやすいんですよ。

遊ぶ場所が少ない温泉街

温泉街での楽しみといったら、もちろん温泉が一番!

逆にその他の楽しみが乏しいのも実際のところ。

「意外に温泉街はやることがない」なんて感じる人は多いですよね。

温泉街では「観光地散策」「温泉めぐり」「食べ歩き」「お土産」を見て回ると、行動範囲も狭いです。

次の予定を決めかねている女性なら、ナンパだって成功しやすいですよ。

Instagramを活用

温泉街でナンパをするには「Instagram」を活用するのがポイント!

旅先で行く場所を探すのはインスタ映えするところに限りますからね。

映えスポットに行けば、必ず女性の観光客がいますよ。

女性のいる場所が分かりやすいのが温泉旅行の良いところ!

館内の施設でナンパする

卓球場はおすすめ!

温泉旅館でありがちなのが「夕食後に時間を持て余す」パターン。

暇を持て余した女性の中には、館内のアミューズメント施設を利用する人も多いです。

これらの施設で盛り上がるのも、温泉旅行の醍醐味ですね。

館内施設を利用するのは、予定がない証拠でもあるんです。

思い切って声をかければ、一緒に楽しむことができますよ。

旅行客と盛り上がる

ターゲットとなる女性がやってきそうなのは、こんな施設。

ナンパ向きの施設

  • カラオケ
  • 卓球場
  • バー
  • 売店
  • マッサージチェア
  • ゲームコーナー

夕食後にこれらの施設にいると、必ず何組かの女性グループがやってきます。

たいていは2~3人組が多いですね。

声掛けのポイントは、もっとも明るく元気の良い女性に声をかけてください。

とくに口説きやすいのが卓球場。

先に男性だけで卓球を楽しんでいればOK。

女性が通りかかったタイミングで誘ってみましょう。

「良かったら一緒にやりませんか?」

(やってみたいかも…)

旅行気分のノリで、かなりの確率でOKしてくれます。

双方が二人組なら、混合ダブルスで対戦するのがおすすめ。

スマッシュが決まったときにハイタッチなどをしていけば、良いスキンシップになりますよ。

卓球でひと汗かいた後はドリンクを奢って休憩。

ここからがナンパの本番です!

翌日の予定を聞き出して、一緒に行動しちゃいましょう。

女性が言ってきた予定について、こう誘ってください。

「僕たちもそこに行きたかったんですよ。良かったら一緒にいかない?」

スケジュールを話し合う口実で、そのまま部屋飲みだって期待できちゃいますよ。

その他にも、ゲームコーナーで「太鼓の達人」「ワニワニパニック」をやるのも盛り上がります。

押しの一手が必要

館内の施設で女性と一緒に過ごすことは比較的簡単です。

問題はその後。

そのままでは、単にひと時を過ごしただけで終わってしまいます。

■注意点1:逃げられやすい

「私達、そろそろ部屋に戻りますね」

館内のアミューズメント施設にいると、ある程度遊んだらあっさりお開きになります。

これは女性達がその遊びに飽きたため。

そうなる前に先手を打つ必要があります。

「部屋で飲み直しませんか?」

「明日一緒に観光しませんか?」

「東京に戻ってからまた遊びませんか?」

どのような形でもいいので、次の展開を提案し連絡先を聞き出すのがコツですよ。

■注意点2:入浴後、外に連れ出すのはNG

多くの女性は入浴時にメイクを落とします。

館内で過ごす分には良いですが、外に出るとなると再度のメイクが…。

女性の手間を考えると、外に連れ出そうとするのは確認してからが良いですね。

女性の顔がスッピンであれば、引き続き館内で過ごすプランを提案してくださいね。

旅館だからこできるナンパ方法を駆使してくださいね。
カラオケに誘うナンパもなかなかいいですよ!

付近の観光名所でナンパする

街歩きの女性を見かけたらチャンス

温泉街の付近には、観光名所が幾つかあります。

日中は、この観光名所をまわる人が殆ど。

特にインスタ映えスポットには女性客が次々とやってきます。

インスタを駆使して、近くの映えスポットをチェックしてくださいね。

記念撮影から交流スタート


ターゲットにしやすいのは、写真を撮りまくってる女性二人組。

綺麗な風景をバックに撮影を試みても、背景を入れるのはなかなか難しい。

そこで、声を掛けて下さい。

「良かったら撮りましょうか?」

これでナンパのきっかけが作れます。

まずは女性だけで撮影。

その後、こう誘います。

「記念に全員で撮ろうよ。」

旅行者に撮影してもらうのですが、この時女性の携帯で撮影してもらうのがコツ。

「今の写真、送ってくれませんか?」

こうお願いすれば、自然な流れで連絡先の交換ができます。

その後スグにLINEで交流すれば、そのまま合流することだって出来ますよ。

短時間で仲良くなれ!

温泉街にある観光スポットなら、女性から来てくれます。

難しいのは写真撮影からの持って行き方。

短時間でできる限りのアピールを行って次へ繋げなければなりません。

このとき、馴れ馴れしすぎるのは失敗のもとなので気を付けてくださいね。

■注意点1:記念撮影の時は控えめに

「全員で写真を撮りましょう」

こう誘っても、そこで馴れ馴れしく肩を組んだりするのはダメ。

全員で写真を撮るのは、LINE交換のためです。

連絡先の交換が終わるまでは、馴れ馴れしいのは逆に警戒されます。

打ち解けるまで、紳士な対応を心がけてくださいね。

■注意点2:ゆっくり話す時間はない

女性の旅行者は、スケジュールを詰め込む癖があります。

当然、次の行先も決まっているのでゆっくり話す時間はありません。

「じゃ、私達次に行くので~」

連絡先の交換後にモタモタしていると、あっさり解散になります。

連絡先を交換してから、どうやって落とすか。

この点は、事前にしっかりシミュレーションしておくべきです。

LINEでスグにメッセージのやり取りを始めるか、その場で同行を提案するかのどちらかですね。

人気の飲食店でナンパする

解放感からコミュニケーションが取りやすい

ほとんどの温泉旅館では昼食は付きません。

そのため旅行者は、付近で人気の店を調べることに。

特に女性の旅行者は食事に拘るので、ここでもインスタを活用してチェックしましょう。

ランチタイムに人気の飲食店へいけば、必ずターゲットがいますからね。

例え日帰りの女性でも、帰ってからデートに誘えますよ。

食べ歩きや飲食店街でナンパ


ナンパのターゲットとなるのは、食べ歩きで並んでいる女性や隣の席にいる女性。

殆どが旅行者ですが、地元民でも大丈夫。

何も知らない旅行者として、質問のつもりでどんどん話しかけてください。

お店でメニューを選ぶときに、近くにいる女性客に話しかけます。

「それ、美味しそうですね。どのメニューですか?」

後は会話を膨らませてコミュニケーションをとります。

会話が盛り上がったら次の一手。

「スイーツでおすすめの店を知りませんか?」

「ここの名物が買える場所はありますか?」

このように質問し、ナンパの口実を探してください。

女性の旅行者はデザートやスイーツに詳しいです。

何かしらの情報を教えてくれますよ。

「近くに〇〇の美味しい店があるみたいですよ。」

「この先に△△店があるそうです」

「お!いいですね。」

「差し支えなければ案内していただけませんか?お礼にご馳走しますので。」

女性がこれからから行く予定の場所を聞いて、案内をお願いするんです。

その際「お礼にご馳走する」といえば女性は喜んでOKしてくれますよ。

女性の予定が何であれ、ノリ良く話に乗っかってくださいね。

相手の予定を聞いておく

温泉街でナンパする際の注意点は以下の通り。

「店内に女性客はいるのか」

「どこから来た人か」

このように根本的なことが問題となります。

■注意点1:女性が多そうな飲食店に入る

いくら温泉街のなかでも、女性が集まりやすいお店があります。

貴重なナンパの機会です。

女性客の多い飲食店はどこか?

事前にしっかりリサーチしておきましょう。

■注意点2:どこから来たのか早めに確認する

温泉街では女性がいつ帰るのかとても重要。

最終日なら数時間には帰途に就いてしまいますからね。

帰る方向が違うと、お店を一緒に回るのが精一杯。

帰ってからデートしようにも、遠方ではなかなか会えません。

なので、どこから来たのかは早めに確認。

今後の展開が望める女性だけ、ナンパするようにしましょう。

ナンパが無駄足に終わったら次に希望を持つのです。

まとめ

非日常を楽しめばうまく行く

この記事では、温泉街におけるナンパ術を紹介しました。

それぞれにターゲットや口説き方が異なります。

温泉街のナンパスポット

  • 館内の施設
  • 付近の観光名所
  • 人気の飲食店

本記事を参考にして、効率よく口説いてください。

上手くいけば、1泊2日の温泉旅行でも2~3組はナンパできます。

あと、温泉街なら「出会い系」で女の子と遊ぶのも面白いですよ。

旅行中にナンパするメリットも紹介しているので参考にしてくださいね。

書いた人:南原
ナンパで女の子を落としまくっている20代。 友達と始めたのがキッカケで、どんな女の子にも戦略を立てて落としちゃう! グルナン・ステナン・ソロナン何でも任せなさい!