出会い系プロフィールの書き方。女性ウケする具体例を紹介

出会い系プロフィールの書き方の具体例を紹介

出会い系のプロフィールは、女性からの返信率を左右する大切なポイント。

女性は男性のプロフィールを見てから、交流するかどうかの判断をします。

出会い系に登録しても、女性からの返信がなかなか貰えない。
そんな方は、もしかしたらプロフィールに問題があるかも。

プロフはいわば、出会いの一次審査のようなもの。

「出会い系で女性からの返信率を上げるコツが知りたい!」
「女性ウケするプロフィールってどんなことを書けばいいの?」

女性に好印象を与えるプロフィールの書き方を、具体例とあわせて紹介します!

ちょっとしたポイントを抑えるだけで、女性にモテるプロフィールの書き方ができるんです。

出会い系で女性ウケするプロフィールとは

まずはとにかく埋めること

女性は、出会い系のプロフィールを男性が思っているより重要視しています。

何も書いていないプロフィールなんて論外。

サイトによっては質問に答えるだけでプロフが埋まるものもありますが、フリーコメントや自己PR欄も埋めておくのが正解です。

プロフィールは一度書けば変える必要もなく、他の出会い系サイトのプロフにも転用できます。

女性からの返信が増え、出会える確率も全然違うので、サイトに登録したらまずはプロフを作りこみましょう。

と言っても、ただ文字を連ねてプロフィールを埋めれば良いというわけではありません。

まず大切なのは、女性が知りたい情報を盛り込むということ。

  • あなたの人間性
  • サイトに参加している目的
  • 仲良くなったその先を想像できる具体例

そして好感度を意識して、女性ウケを狙うこと。

  • 女性が嫌う内容は避ける
  • 自己アピールは謙虚に
  • 読みやすい文章を心がける
これらを踏まえた上でプロフィールを作成すれば、女性からの返信率はグッと高くなります。
詳しく説明しますね。

出会い系のプロフィール。気をつけたい3つのポイント

ネットから始まる出会いだからこそ、文字や文章から伝わる人間性に女性は敏感に反応するもの。

気を付けておくべき3つのポイントをご紹介します。

出会い系プロフにアダルト・ネガティブな内容は書かない

プロフにアダルト、ネガティブな内容は不要

大勢の人が見るプロフにアダルトな内容を書くのは、常識がない人だと思われてしまうNG行為。

セフレ探しをしている女性からも避けられてしまいます。

サイトによってはHの仕方や男性器のことなどを書き込めるようになっていますが、初体験の年齢などだけ埋めて、後は空欄の方が女性には好印象です。

その他、うっかりやってしまいがちなのがネガティブ発言。

  • 会ったらガッカリするかもしれませんが…
  • 女性にモテるタイプではありませんが…

などネガティブさは不要です。

また高圧的な内容も、好感度がガクっと下がります。

  • サクラ、お金目当てお断り!
  • お金目的ウザいんでメールするな!

お目当ての女性に向けた発言でなかったとしても、思い通りにならないと怒りそうな怖い人という印象を与えてしまいます。

真面目な女性からは避けられる上、お金目的の女性は書いても書かなくても送ってくるのでマイナスにしかなりません。

アダルトな内容・ネガティブ発言・口の悪さは、女性から嫌われる3大NG要素です。

出会い系プロフの自己PRは謙虚さがカギ

自慢話は絶対だめ

年収や鍛えた体型、趣味や特技など、女性へのアピールはとっても大事なポイント。

自慢にならないような書き方で、女性の心を捕らえましょう。

体を鍛えていることをアピールするなら↓

×「めっちゃ鍛えているんで、体には自信があります!(笑)」
〇「体型には気を付けており、ジムに通っています。」

美味しいお店に詳しいなら↓

×「美味しいものやお酒の知識なら誰にも負けません!」
〇「食べ歩きが趣味なので、仲良くなったら一緒に行ける女性を探しています。」
自慢できるポイントは丁寧かつ謙虚に。
さり気ないアピールに女性は惹き付けられます。

出会い系プロフは適度な改行で読みやすく

読みやすさも大切

文字がずらっと並んでいると読みにくく、読む気をなくします。

伝えたい内容を詰めると文章は長くなってしまうので、適度に改行をして読みやすくしましょう。

読みやすいのは2~3文に1度改行された文章です。

1つの段落で1つの話題(趣味、希望の女性など)にするのが良いですね。

文章を書くのが苦手な方は、下記のように箇条書きにしても構いません。

  • 趣味…スキー、ゴルフ
  • 希望する女性…真剣な出会いを探していて、ご飯を美味しそうに食べる人
読みやすい文章は相手への配慮。
女性からの印象も良く、好感度も上がります。

出会い系プロフィールの書き方【具体例・例文】

好感度の高いプロフの書き方のご紹介

出会い系のプロフィール欄に書きたいこと・伝えたいことをやみくもに並べても、相手から見れば伝わりにくく読みづらいだけ。

物語に起承転結があるように、プロフィールにも構成が必要です。
具体的には以下の通り。

  1. 挨拶や自己紹介
  2. 出会い系に参加している目的や理由
  3. 希望の女性やタイプ
  4. 自分の印象
  5. 趣味や特技、デートの具体例
  6. 呼びかけ

プロフ例を解説を交えながら見ていきましょう。

例1
こんにちは!プロフを見ていただきありがとうございます♪
ちょっと過剰な爽やかさを意識してみましょう。
「こんにちは!」「はじめまして!」など、挨拶ができるのもポイント高めです。
例2
周りが結婚して行く中で寂しくなってきたのですが、出会いがないので登録しました。
彼女は2年ほどいません。
サイトに登録した理由ですね。
女性と付き合ったことはありますよ、というアピールの意味も込めて、彼女いない歴は載せるのがベター。
多少サバを読んでもOKです。
例3
食べ歩きが趣味なので、ご飯を美味しく食べることができる女性と仲良くなりたいです!
年齢や体型にはこだわりませんが、真剣に出会いを探している人が希望です。
希望する女性は、誰にでも当てはまりそうな内容にしておくと多くの女性に好感触。
実際には年齢や体型にこだわっていても、書かない方が良いですね。
例4
自分は若いときの松岡修造に似ていると言われますが、自分では良くわかりません…写真を載せたので、似ているかどうか見てみてください(笑)
お腹がちょっと出てきたので、松岡修造みたいなスポーツマンには憧れてます。
自分がどんな人か女性がイメージできるようにするのがいいですね。
箇条書きなら「似ている芸能人」など、似ていないと思っても話題作りのためには必須!
あえて欠点をアピールすることで、親近感が沸く女性も多いです。
例5
写真が趣味なので、食べ歩きで食べたものや景色などを撮影しています。
休みの日は撮影スポット巡りをしていることも多いです。食べ歩きでカロリー過多になりがちなので、ジムに通い始めました。
一緒にウォーキングできる女性と出会えたらやる気が出そうです(笑)
趣味や特技、休みの日は何をしているかなどですね。
女性が「この人と仲良くなったらどんな風に過ごせるか」をイメージできるようにして下さい。
例6
まずはサイトのメッセージでやり取りをして、お互いのことを知り仲良くなれたらラインやメールアドレスを交換して仲を深めればと思っています。
よろしくお願いします!
最初から連絡先を教えて欲しいとは言わず、紳士態度のアピールで。
さらに後々ラインなどを教えてもらうためにワンクッションですね。

上記は参考例ですが、趣味や人物像などを変えればどなたにも応用が効きます。

女性に仲良くなりたいと思われるようなプロフ作りをしましょう!

まとめ

女性ウケするプロフを作るための、押さえておくべきポイントをご紹介しました。

せっかくお金を使ってサイトを使うなら、手間を惜しまずプロフを作り込んで出会える可能性を上げていきましょう!