看護師はナンパしやすい!出会う場から口説き方までを解説


看護師って何故かエロいイメージがありますよね。

それにコスプレフェチにも人気で、看護師の人気はたかい。

当然「看護師と付き合いたい!」と思う男性も多いですね。

そこで看護師を上手にナンパする方法を紹介します。

看護師とお近づきになるには、ナンパも有効な手段なんですよ!

看護師はナンパしやすい

とはいえ看護師さんは比較的ナンパしやすい業種なんです。

それは病院が女性ばかりの職場だから。

映画やドラマには男性の医師と看護師のカップルなんて話がありますね。

しかし実際には医師と看護師はそれほど相性が良くないんです。

そのため、看護師が職場恋愛することは稀。

結局看護師は、職場以外で恋愛対象を探しているんです。

「どこかにいい男はいないかな?」

多くの看護師が、周りの男性に目を光らせているのですよ。

看護師は性欲強い?

看護師がナンパしやすい理由として「性欲が強いから」と言われますよね。

科学的に証明されたわけではありませんが、根拠いくつか存在します。

  1. 夜勤による生活リズムの乱れが性欲を高める
  2. 血液など視覚的刺激が性欲を高める
  3. 激務とストレスによって性欲が高まる

これはあくまで仮説ですが、言われてみると当たっているように思えますよね。

特にストレスを感じるとセックスで発散したくなるのは本能かもしれません。

看護師は性欲が強いという噂が立つくらい、そう感じる男性が多いんですね。

仮説の真偽はともかく、性欲が強い女性はナンパしやすいです。

狙い目は夜勤のある看護師

看護師を狙うなら、夜勤のある人がおすすめです。

夜勤によって性欲が高まることに加えて…。

土日も勤務があるので、出会いの場が少ないという事情があります。

出会いに飢えている職業No.1で、ナンパが成功する確率は大なんです。

また出会いがすくないから、捕まえた男性を離さないのも看護師の特徴。

フラれたり浮気されたりする可能性が低いのも、看護師さんのメリットなんですよ。
 

看護師をナンパできる場所

出会いのが少ない看護師ですから、上手くみつけられれば比較的簡単にナンパできます。

問題なのは、どこで看護師と出会うのかということ。

そこで看護師をナンパできる場所を紹介しますね。

病院近くのスポット

ナースねらいなら、市立病院近くのカフェやBARに行ってみよう!

ポイントは市立病院のような大きな病院の近くってところ。

なぜなら、大きな病院には寮住まいのナースが多いから。

近くのコンビニやスーパー、カフェや居酒屋は看護師の生活圏と被ります。

平日の昼のスタバなんかは、夜勤明けの看護師が一息ついていることもありますよ。

夜勤明けっぽい女性がいたら、さり気無く声を掛けてみるのもおすすめ。

看護師さんは出会い欲求高めなのでナンパしやすいですからね。

出会い系サイト・マッチングアプリ

仕事が忙しい看護師には時間効率の良い出会いの場が人気です。

その最たるものが出会い系サイトやマッチングアプリ。

PCMAXハッピーメールでセフレを探してる人もいれば、PairsOmiaiを使って真剣に恋活してる人もいます。

これらのサイトには多くの人がいるけど、ここでも看護師は口説きやすい。

出会い系ならプロフィールに職業欄があるので、看護師に的を絞るのも簡単です。

■出会い系サイトで看護師を口説いた実体験

私は出会い系サイトのPCMAXを使ってよくセフレ作りをしてます。

口説きやすい看護師はターゲット職種の最上位。

その日も看護師に絞って素人女性を検索していたところ、

「初めて登録しました」

というPCMAX初心者の看護師B子さん(24歳)を発見しました。

早速メッセージを送るとすぐに返事が。

それからやり取りを重ね、3日後にはデートのアポがとれました。

3日でデートのアポというのは平均よりかなり早いです。

これも看護師が出会いたい願望が強い証拠。

同時に、B子さんが関係の進展に前向きなのも分かります。

実際、デート中のB子さんはテンション高め。

「男の人と飲むお酒は美味しい~」

そう言いながらグイグイお酒を飲むB子さん。

1時間ほど経つと、彼女の方から私にアプローチしてきました。

 「あの…、私に会ってみてどうでした?」

「楽しいし、イメージ通り素敵な女性だと思ってますよ」

「ホントに?」

「もちろん!」

「じゃあ…前向きに考えてくれるってことですか?」

「考えるどころかもうB子さん一筋(笑)」

私は茶化したつもりでしたが、B子さんはキュンときたようで…

この会話の直後、B子さんは私の手を握ってきました。

随分と積極的なように思えますが、これも出会いの場が少ない看護師ならでは。

好みの男性と出会うと「この機を逃がすまい」と、積極的に仕掛けてくるのです。

もちろん男性にとってはありがたい展開。

「今日、泊まっていって」

「…うん」

こうして、あっさりセックスにありつけたのでした。

いい雰囲気ならストレートに誘うのが良いですよ。

病院

看護師がもっとも集まる場所といえば、当然病院です。

仕事量の多い看護師ですから、勤務中はゆっくり話すタイミングがありません。

しかし、夜勤となると話は別。

日によっては、トラブルもなく静かな夜もあります。

ということは…入院中であれば看護師をナンパできるということです。

■入院中に看護師をナンパした実体験

大学3年生の夏、私はバイク事故に遭い足を骨折。

止むなく整形外科に入院することになりました。

「せっかくの夏に入院なんて…」

最初はそう思いましたが、すぐにそこが天国であることに気付きます。

というのも、看護師がみんな可愛いのです。

なかでもお気に入りは28歳のC子さん。

夜勤の日は、1~2時間おきに「お変わりないですか?」と様子を見に来てくれます。

業務が暇な時は雑談したりもするのですが、その機会を私が逃すはずはありません。

「彼氏はいるんですか?」

「彼氏ですか?いるように見えます?」

「見える。だって可愛いもん。ていうか僕を彼氏にしてほしい」

「私に彼氏がいたらどうするんですか?」

「そんなの関係ねぇ」(当時流行っていた某お笑い芸人のギャグ)

 当初は軽くあしらわれていた私のアプローチ。

しかし夜勤のたびにアタックをしているとC子さんの態度が変っていきました。

そしてある日…

 「本当に私と付き合いたいんですか?私、7つも年上ですよ?」

「そんなの関係ねぇ」

「もし付き合ったら、私、結構重いですよ」

「そんなの関係ねえ」

「もう、真面目に聞いてるのに(怒)」

ちょっと怒った表情がたまらなく可愛いC子さん。

我慢できなくなった私は、C子さんの腕を引き寄せキスしました。

ある程度の抵抗を覚悟していたのですが…

意外にもC子さんは無抵抗。

胸やお尻を触ってもまったく嫌がりません。

むしろ軽く喘いでいるくらいです。

「どこか人の来ないところに行こうよ」

私がそう誘うと、「B棟の2Fトイレは人がこない」とのこと。

10分後、休憩時間になったC子さんと私はそのトイレでこっそりセックスしたのでした。

入院中はたくさんチャンスがあるのでチャレンジしたいところ。

看護師の口説き方

居酒屋で看護師を口説く

看護師と知り合う場に続いてその口説き方を説明します。

実際に私が成果をあげてきた口説き方なのでぜひ実践してください。

いきなり直球勝負

女性が看護師であると知った場合、いきなり直球勝負を挑んで見て下さい。

例えばバーで会った女性が看護師だった場合です。

「お、めっちゃカワイイ!良かったら一緒に飲まない?」

目が合った瞬間に、この一言を言うだけでOK。

看護師達は出会いに積極的なので、基本的にウェルカムです。

もちろん断られることもありますが、ナンパとはそういうもの。

遠回しなアプローチよりも、直球勝負で数をこなした方が効果的ですよ。

言葉よりもお酒とノリ

言葉によって口説くばかりがナンパではありません。

ときには言葉以外の方が効果的なこともあります。

若い看護師の場合はまさにそれ。

口説き文句を並べるよりも、お酒とノリで盛り上げるのです。

その理由は、看護学校時代の過ごし方にあります。

週末は同級生と女子校のノリでバカ騒ぎ…

これは一般的な看護学生の過ごし方です。(テストや実習期間を除く)

しかし就職してからは飲みの機会が減り、休みの日もどこか物足らなさを感じてます。

そこにお酒とノリの良さで盛り上げる男性が現れたら楽しくなってしまうというもの。

看護学生時代を思い出し、ノリノリで弾けてくれます。

酔った状態でテンションが上がればナンパしやすいのは当然のこと。

「一緒に帰ろう」の一言で簡単にお持ち帰りできますよ。
 

注意点

看護師ナンパの注意点

最後に看護師をナンパするときの注意点を紹介します。

ナンパしやすい看護師ですが、甘く考えていると大失敗に繋がります。

看護師をナンパするとき

まずは看護師をナンパするときの注意点から。

ここでは看護師をとりまく人間関係を警戒することになります。

■若い看護師はたいてい彼氏持ち

出会いの少ない看護師ですが、就職1~2年目に限っていえばかなりの確率で彼氏がいます。

というのも、看護学校時代に夜遊びしてた人が多いから。

そこでできた彼氏とまだ交際中なのです。

例えばバーで若い看護師をナンパしようとした時、散々お酒をご馳走したのにあっさり逃げられることがあります。

これは彼氏持ちの若い看護師にありがちなパターン。

夜遊びの経験から「男性に愛想をふりまいて奢らせる」という技術を身につけているのです。

■看護師は横の繋がりが強い

看護師は横の繋がりが非常に強い職業です。

看護大学時代の同級生はもちろんのこと、同僚の同級生ともすぐに仲良くなります。

そのため、看護師をヤリ捨てたり浮気して捨てたりするのはおすすめできません。

「この前○○ちゃんをナンパした男には気を付けてね」
「この男、マジ最悪」

そう言って顔写真や名前が拡散されるのです。

特定の店やスポットでナンパを繰り返していると、

「もしかしてこの前○○ちゃんを口説いてなかった?」

そう指摘されることも。

火遊びがすぎると悪評が出回るので注意してくださいね。

看護師をナンパした後

ナンパに成功しお付き合いに発展すると、今度は看護師特有の出来事に悩まされることになります。

回避不能なものが多いので、最初から理解した上で受け止める覚悟が必要です。

■ある程度の束縛を覚悟

出会いの少ない看護師にとって「交際=結婚を見据えた関係」となります。

そのため、束縛が激しくなりがち。

  • 男同士で遊びに出かけた日は、電話やLINEによる定時連絡
  • 人によっては門限があることも

当然、浮気の兆候を発見することにも長けていて、携帯電話などはこっそりチェックされます。

すべての看護師がそうだとはいいませんが…。

他の職業よりも束縛・嫉妬心の強い人が多いと理解しておいてください。

■金銭面で支えが必要

看護師には准看護師正看護師があります。

正看護師になれば高給取りですが、准看護師の間はかなりの安月給。

当然デートにかけるお金はほとんどありません。

収入が足らなくて、水商売でアルバイトする准看護師も。

将来を見据えた交際をするのなら「若いうちはお金に苦労する」と覚悟しておいてくださいね。

(※ジョブメドレー:看護師と准看護師の違い

■同僚看護師の意見に左右される

同僚や友達に恋愛相談するのは、すべての女性がやってること。

問題はその相談相手。

看護師の場合はほぼ間違いなく職場の同僚、つまり女性です。

女性同士の恋愛相談ではどんな内容であれ「それは男の方が悪い」という結論に達します。

なかには「そんな男とは早く別れた方がいい」なんていってくることも…。

こうした意見に洗脳されてしまうこともよくあります。

唯一の対策は、こう日頃から「何か不満や悩みがあったらすぐに僕に話してね」と常日頃から言っておくこと。

職場での恋愛相談に持ち込まれる前に、カップル間で解決するようにしてください。
 

まとめ

ほほ笑む看護師

ここでは看護師をナンパする場と口説き方、注意点を紹介しました。

出会いの少ない看護師にとって、言い寄ってくる男性はうれしい存在です。

しかし看護師がナンパの成功率がたかいと言っても、実際に出会えなければ意味がありません。

そんな時は出会い系マッチングアプリを活用してみてくださいな。

看護師の女性はこういった出会いのツールにも大勢いますので、積極的に誘ってみるのがおすすめですよ。