平日でもナンパし放題!穴場やおすすめスポットを時間帯別に紹介


「ナンパは平日にだって、できます!」

平日にナンパって、女性と出会いにくい気がしますよね。

しかし、平日のほうがナンパに好都合なことって沢山あるんです。

この記事では、平日に私が行っているナンパ活動を時間帯別に紹介します。

平日のナンパは、ライバルがいません。
コツさえ掴めば、成功率が高いですよ!

時間帯別にターゲットを変えて落とす、私のナンパ必勝テクニックを紹介します。

【平日の午前中】はショップ店員をナンパ

午前中のヒマな時間帯を狙う

平日の午前中に私が狙うのは、百貨店やショップの店員です。

平日午前の店員さんは、お客も少なくかなり暇そう。

販売業でお客さんがいない状況はかなり苦痛です。

そのためたまに来店したお客さんには、好意的に接してくれるのです。

百貨店やショップ店員は暇な時間

店員をナンパするからといっていきなり口説くわけではありません。

まずは商品に興味があるフリから入ります。

「友達に誕生日プレゼントを贈りたい」
「同僚への祝いを代表して買いに来た」

このような設定で好みの店員を呼べばOK。

「この客は買う気がある」

そう思った店員さんは、様々な商品を紹介してくれます。

ポイントはジョークをいって探ること。

こちらの冗談に笑ってくれない女性は口説けません。

他の店に移動しましょう。

逆に笑ってくれるようなら、その店員は社交的で口説きやすいタイプです。

店員さんが「面白い方ですね」と言った反応ならチャンスあり。

タイミングをみて食事に誘います。

会話の例

ここでは私が、アパレルショップの店員をナンパする時に使うトーク術を紹介します。

誕生日プレゼント探しているんですが、おすすめありますか?」

「プレゼントですね。お相手の方はどのような感じの方ですか?」

「えーと、やや細身のキレイ系で店員さんみたいな素敵な女性ですよ。」

「私はそんな…(照)ではこちらのニットはいかがでしょうか?」

このように相談する流れから会話がスタート。

その後は所々ジョークや口説き文句を言っていきます。

「これ、カワイイですね。」

「そちらは今年流行りのアイテムなんですよ。」

「なるほどぉ。でもこれ付けたら可愛くなりすぎるから困るな」

「いいですね、お似合いのカップルになれるかも。」

「贈る相手は親友の恋人ですよ。手を出したら100倍返しされますよ(笑)」

「100倍(笑) それはダメですね。」

会話を繰り返しながら打ち解けてたら、いよいよ勝負。

思いっきって食事に誘います。

「どれも可愛いけど、一番可愛いのは店員さんですね。」

「アハハ(笑)お上手ですね」

「お世辞じゃないですよ。恥ずかしながら一目惚れした。」

「ぜひ一度お食事したいです。」

「え?それはちょっと…」

「そんなことを言わずに!じゃないとOKしてくれるまで毎日買いにきますよ(笑)」

「毎日ですか(笑)」

少し強引な誘い方でも、店員さんが一度でも笑えば脈ありです。

「仕事終わりまで待ってる」と告げるか「絶対に連絡ください」と連絡先を渡すか。

いずれにせよ強引に押しきるのがコツです。

ちなみに、私の場合はデートのアポが取れたら店員がイチオシだった商品を購入します。

デート時にそれを店員へプレゼント。

「店員さんみたいな素敵な女性に贈るって言ったでしょ?」

この一言を付け加えると、本気度が伝わって口説きやすくなりますよ。

あくまでも仕事中だから、邪魔だけはしないようにしてくださいね!

【平日ランチタイム】はカフェでナンパ

じつは満たされていないセレブ主婦

平日のランチタイムならオシャレなカフェが狙い目。

カフェでは女子会中の主婦を狙います。

平日の昼から女子会している、時間的余裕のあるセレブ主婦。

幸せそうに見えますが、実は性欲が満たされていない人が多いのです。

女子会中の主婦に声を掛ける

カフェでのナンパは席が重要です。

女子会中の主婦を探し、声を掛けられる席に座ります。

その後は彼女達の会話に聞き耳を立て、タイミングをみて話しかけて下さい。

グループの中でもっとも明るそうな人に話しかけるのがコツですね。

会話の例

「この前、夫とケンカしちゃって」

「え?何で?」

「あの人が○○するのが我慢できなくってさぁ」

「そうなんだぁ」

「確かにそれは酷いですね」

「?」

「あ、すみません。お話が聞こえてしまったもので」
 
自然と会話に入ってしまうのもアリ。

ここで女性達の方から話しかけてくれば作戦成功。

会話に参加して、女性側の意見をすべて肯定し、好感度を上げてください。

その際、はやめに名刺を配るのがポイント。

「またここで皆さんとお茶したいです。もし良かったら連絡くださいね」

そう伝えておけば、後日不倫願望をもつ主婦から連絡があることも。

主婦は夫以外の男性と接する機会があまりないので、好意的に接してくる男性に弱いです。

カフェでのナンパは、見た目重視の男性にもおすすめです。

【平日昼間15時】犬の散歩ナンパ

ペットを通じたコミュニケーションを

平日の午後3時頃になったら、高級住宅街にある公園が良いですね。

狙うは犬の散歩をしてる女性です。

公園や住宅街で犬のお散歩

犬を連れてる女性に話しかけるのは、非常に簡単。

すれ違いざまに、犬を褒めればOKです。

人懐っこい犬であれば、こちらに興味を示して近寄ってきます。

飼い主の女性は迷惑をかけまいと、リードを引っ張りますからこう声をかけます。

「大丈夫ですよ。撫でてもいいですか?」

これをきっかけに、しばしの間女性と会話。

犬の話題であれば、女性が嫌がることはありません。

もっとも、この日のナンパはそこまで。

お茶に誘ったり、連絡先を聞いたりするチャンスは、後日やってきます。

なぜなら、散歩の時間やコースは概ね決まっているから。
今後も会える可能性は大。

さりげなく散歩の時間や曜日を聞き出し、また会えそうならさらっと立ち去ります。

2度・3度と会うことで、落とすときの成功率が一気に上ります。

これくらいあっさりしていた方が、次回会った時に運命的なものを感じさせられます。

こうした種まき的なナンパをやっておくと、いずれ大きな「花」を咲かせられますよ。

会話の例

下記の会話は、高級住宅街で犬の散歩中の女性とすれ違う時をイメージしたもの。

「おぉ、めっちゃ可愛い!」

(犬が近寄ろうとする)

「ワンちゃん、ダメ」

「あ、大丈夫ですよ。撫でてもいいですか?」

「え?えぇ、どうぞ」

「飼い主に似て可愛いですねー。しかもお利口さん」

「アハハ、ありがとうございます」

ナンパのきっかけは、ワンちゃんがいるので自然ですね。

そ犬の年齢や性別、性格などについて話せば内容にも困りません。

このとき、散歩の時間や曜日もさり気なくチェック。

「僕もよくこの辺りを散歩してるので、また会えるかもしれませんね。」

こうやって布石を置いておけば、次回会った時にすぐに思い出してくれますよ。

親しくなるまでは、女性本人よりも犬の方を褒めた方が効果的です。

【平日夜19時】オフィス街でOLをナンパ

「お疲れさまです」この一言で振り返る

午後7時頃は、オフィス街でのストリートナンパです。

ターゲットは、仕事終わりのOL。

家路に向かう女性を食事に誘うなら一人暮らし風の女性を狙うのがコツなんです。

仕事帰りのOLさんは予定なし

仕事終わりのOLに声をかける際、一言めは「お疲れ様です」から入ります。

同僚や取引先の可能性がありますから、OLは顔を上げてこちらを確認してくれます。

そのタイミングで二言め。

「一目惚れしたので食事に行きませんか?!」

唐突ですが、むしろそれが狙いです。

じわじわ口説こうとすれば相手は身構え、話を聞こうともしません。

一方、唐突に誘えば身構える暇はなく、ただ驚いて絶句するだけ。

冷静になる前に伝えたいことを言って誘い切るのです。

会話の例

「お疲れ様です」

「?」

「貴方に一目惚れしたので、ぜひ一緒に食事を!」

「え?え?」

「ナンパみたいで失礼かとは思ったのですが、あまりにもタイプだったもので。」

「え?」

「僕、こういう者です」(名刺を差し出す)

「スカウトじゃないですよ(笑) 純粋にお話したかったんです」

普通のナンパでは、ここまで話すこと自体が困難でも、唐突な流れなので一気に話せます。

また、「ナンパみたいで失礼かとは思ったのですが」という一言も効果的。

この一言があることで「普段はナンパなんてしないが、貴女だからこそ」というニュアンスを伝えられます。

このようなナンパが成功する確率は、15人に1人くらい。
高い確率とは言えませんが、確実に成功につながっています。

【平日午後9時】相席屋で休みの女性を狙う

相席屋ではとにかく場を盛り上げて

午後9時になると、お酒の出番です。

酔った勢いがあるので、昼間と比べると随分ナンパしやすくなります。

そんな時間帯に狙い目なのが、下記のような平日が休みの女性です。

平日の夜に狙える職業

  • 美容師
  • アパレル店員
  • エステティシャン

平日休みの女達は、一般的なサラリーマンと休みが合わないこと。

そのため休みの日は、出会いを求めて相席屋に出没します。

相席屋は落としやすい

相席屋には、2人組で行くのが好ましいですね。

口説き方は、とにかくその場を盛り上げること。

「久しぶりに男性に褒められた」
「女子会とは違う楽しさがある」

そう思わせるのが重要です。
相席開始直後から、褒め言葉とジョークを連発し、合コン感を演出しましょう。

相席開始から5分後には、大笑いしてるのが目安です。
(女性のノリが悪い時は、早々に席替えしてください)

相席屋では、勢いが大事。

お互い盛り上がることができなければ、敗北です。

「楽しい」という女性の気分と酔った勢いを利用して、お持ち帰りを目指します。

会話の例

相席屋では、開始直後が重要。
いきなり褒め言葉から入ります。

「おぉ、ラッキー。超可愛い子達と相席だ」

「こんばんはー」

「ヤバイ、マジで可愛い!僕と結婚してください(笑)」

「はやすぎ(笑)」

このように、いきなりチャラい感じで迫ります。

その後も、真面目な会話は一切なし。

褒め言葉とジョークで、ひたすら笑わせてください。

こうして「面白い人」という印象を与えておけば、ホテルに誘いやすくなります。

「明日は仕事休みなの?」

「そうでーす」

「じゃあ今夜はまずエッチ。続いてセックス。最後に交尾だね」

「全部同じじゃん(笑)」

「そこを突っ込むってことは、エッチ自体はOKなんだね?」

「そんなことは言ってない(笑)」

「だって女性もムラムラする日はあるでしょ?」

「あるけど…」

「じゃあOKじゃん(笑)」

お持ち帰りのコツはどんな話の流れであれ「セックスする」という結論に結びつけること。

女性はこの強引さに負けて「なんとなくホテルまで着いてきちゃった」という展開になります。

ホテルへの誘い文句を真面目に言うとキモくなるからね。

【平日午前0時】仕事終わりのキャバ嬢を狙う

キャバ嬢はヘアメイクですぐわかる

夜は夜で、ナンパする相手が変わります。

夜の街の時間です。

平日でもクラブには、仕事終わりのキャバ嬢がきていたり。

平日で時間の空いたキャバ嬢が、「遊びたい」とばかりにクラブへやってくるのです。

平日のクラブはライバルがいない

クラブにやってくるキャバ嬢の目的は、楽しむこと。

飲んで踊って、とにかく盛り上がることが最優先です。

そのため、しっぽり口説くより一緒になって騒ぐ方が効果的。

酒を一気に飲みたら踊る、踊り疲れたらまた酒を飲み干す。

このノリで打ち解けあえば、大して会話せずともお持ち帰りできますよ。

会話の例

クラブでナンパする際は、カウンターでドリンクを注文しようとしてる女性が狙い目です。
 
「こんばんは。良かったら僕に一杯奢らせて。何注文する?」

「え?ありがとう。じゃあテキーラサンライズ」

「バーテンさん、テキーラサンライズ二つください!あとスパークリングワインも」

「スパークリングワインも?」

「そう。こんな可愛い子と出会えたんだから、今日はじゃんじゃん飲むよ!」
 
会話のきっかけは、これでOK。

まずは、スパークリングワインを二人で一気に飲み干します。

それから踊りに行けば、女性はますますハイテンションに。

同時に性欲も高まるので、口説くのは簡単です。

踊りながら肩を組み、嫌がる様子がなければ背中やお尻に軽くタッチ…

こうしていけば、女性はこちらを性の対象として意識してくれます。

最終的に、女性の方から抱きついてくるようになれば出来上がり。

「二人で別の場所行こう」

そう誘えばお持ち帰りです。

カウンターでの出会いからホテルに誘うまでは、1時間あれば十分。

時間をかけるとお互い酔いつぶれてしまうので、注意してくださいね。

コツはお酒とノリ!詳しくは、クラブナンパをチェックしてくださいね!

まとめ

ほほ笑む女性

平日ナンパが成功する時間帯と場所、ターゲットは以下。

  • 午前中は百貨店やショップで店員
  • ランチタイムはカフェでセレブ主婦
  • 午後3時頃は高級住宅街で犬を連れてる女性
  • 午後7時頃はオフィス街で仕事帰りのOL
  • 午後9時頃は相席屋で平日休みの女性
  • 午前0時頃はクラブで仕事帰りのキャバ嬢

平日でも時間帯、場所、ターゲットを工夫すれば、チャンスは無限。

ライバルの男性も少ないし、むしろ平日ナンパは好都合。

平日だからこそ、暇な女性は落としやすいですからね。

平日のナンパはコツさえ掴んでしまえば、週末よりも成功率が高いですよ。

成功率を上げるナンパのコツも、参考にしてください!
※どうしても平日のナンパが上手くいかなければ「マッチングアプリ」を使うのも良いですね。
アプリなら、平日休みの女性と効率的に出会えますよ!

 

書いた人:南原
ナンパで女の子を落としまくっている20代。 友達と始めたのがキッカケで、どんな女の子にも戦略を立てて落としちゃう! グルナン・ステナン・ソロナン何でも任せなさい!