更新日:

初デートの待ち合わせ方法とデートコースの具体例を紹介


こんにちは!
モテたい男性を応援する、アラサーOLのまなみんです。

「メールのやり取りも続いているし、そろそろ会いたい!」

出会い系で知り合った女性と話が盛り上がってきたら、会いたくなるのが普通ですよね。

でも…慣れない初めての待ち合わせに悩んだことはありませんか?

  • 待ち合わせ場所やその後に行く場所、時間はどこまで自分で決めればいいのか?
  • それとも女性に決めてもらったほうがいいのか?
  • ご飯のあと、どうすればいいのか?
初デートはその後の二人の関係を大きく左右する、重要な一日です!
まなみんが初デートの待ち合わせ方法とデートコースの具体例を紹介しますね。

待ち合わせの約束の仕方と初デートのオススメの場所を解説

待ち合わせの約束の仕方と初デートのオススメの場所を解説

待ち合わせ場所や時間、デートの場所決めには、女性の心理をつかむテクニックを取り入れましょう。

待ち合わせの約束に使いたい心理テクニック

ドア・イン・ザ・フェイス・テクニック」という、「イエスをもらうためのテクニック」をご存知ですか?

有名な心理テクニックなので、聞いたことがある方もいるかもしれませんね。

実際に「ドア・イン・ザ・フェイス」を使って、どのように誘えば相手の女性が乗ってきてくれるのか見てみましょう!
「今日の夜予定が空いたんだけど、ごはんいかない?」
「今日は予定があるから、ごめん」

このようにまず、わざと難易度の高い要求を出して、女性に一旦拒否させます。

これは女性に要求を断った「後ろめたさ」を感じさせるため。

その後に再度、難易度を下げた要求を出していき、最終的には受け入れさせるように導くんです。
 

「金曜か土曜の夜はあいてない?」
「最近ちょっと最近忙しくて…(夜はちょっと不安…)」

少しずつ相手の様子を探りながら、こんなデートならOKしてくれるかな?というところまで色んなプランを提案してください。
 

「●日か●日の昼間はどう?」
「●日なら大丈夫だよ」

 あまり何度も誘いを繰り返すとしつこいと思われてしまいますが、4、5回までならこのテクニックは効果的です。

まなみん的にも、何度か提案してくれる男性は「色々考えて誘ってくれてるんだな」と好印象。
少しずつ要求が下がっていくことで、誘いに乗りやすくなるんです。

待ち合わせ後に行く場所は「安心第一」で

初デートで誘う時間帯はランチタイム、もしくはブランチがいいですね。

昼間なら終電を気にしたり警戒することもないので、女性側も誘いに乗りやすいもの。

初対面ですから、女性にとって「安心第一」である事が一番です。

初デートにディナーや居酒屋を誘う男性は多いんです。
昼間の時間帯に誘われると「他の男性とちょっと違うな」「この人は安心できるな」と、他の男性と差をつけることもできますよ。

さらに「気軽なデート」という内容なら、女性も行きやすくなります。

「夜景の綺麗なレストランでディナーしない?」

六本木ヒルズで夜景を見たり、高級なお寿司屋さんに行ったりするのも確かに素敵。

ですが、そういう男性ってだいたいその後ホテルに誘ってくるのが見え見えなんですよね^^;
 

「●●ちゃんカフェ好きって言ってたよね?
行ってみたいカフェがあるんだけど、今週の土曜日あいてない?」

メールのやりとりの中での発言を拾ってくれた上に、日中のカフェ。

これなら気軽さだけではなく、ちょっとした嬉しさと安心感もありますよね。

一番最初のデートは気軽に行けるランチやカフェに誘ってもらえると女性は嬉しいってこと、覚えておいてくださいね。

場所決めで迷ったら「お洒落なカフェ」「イタリアンレストラン」がおすすめです。
お洒落な場所に抵抗があるなら、スタバやドトールなど入りやすいコーヒーショップでもいいですよ。

初対面のデートで行き慣れない場所だとリラックスすることが出来ないため、自分も女性も安心して話せる環境がベストですね。

最初のデートはどこがいいのか?

最初のデートはどこがいいのか?

カフェやランチのあと、どこに行くべきか悩む男性も多いはず。

せっかく話がはずんだとしても、次の行き先が決められずにいると場がしらけてしまいますよね。

  • お店の周辺にはどんなスポットがあるのか
  • デート向け施設はあるか

これらは事前に調べておきましょう。

具体的な次の行き先としては、映画館水族館がオススメです。

初デート先として遊園地に誘う男性もいますが、初対面同士ならもっと気軽な場所がいいですね。

映画館や水族館なら天候に左右されずに楽しむことができますし、滞在時間もそれほど長くならないため、初デートにはピッタリですよ。

初デートの場所はあなたが決めよう

女性にとって初めてのデートは、いわば「お試し期間」。

  • 相手がどんな人なのか?
  • 自分とフィーリングがあう人なのか?

上記を判断するためのもの。
ですので、初めてのデートコースや行き先、プランはあなたが決めた方がいいですね。

相手がデート先にこだわるのは、2回目や3回目のデートからだと覚えておいてください。

初デートでは相手の趣味に合いそうな場所を前提に、自分も行ってみたいな、と思えるような無理のないデートプランを組み立てるのがポイントですよ。

「この日のプラン、こんな感じでどう?」と、事前に立てたプランの確認をしてあげましょう。
相手の女性も安心することができますよ。

優しいだけの男はダメ!女性は引っ張っていってもらいたい

優しいだけの男はダメ!女性は引っ張っていってもらいたい

基本的に女性は男性にリードしてもらいたいもの。

初デートなら、なおさら男性にリードしてもらいたいと思っています。

メールでのデートの誘い方が多少不慣れだったとしても、自分のために一生懸命プランを考えてくれたんだなと感じられれば、最初はなんとなくやり取りを始めた男性でも好感度がグッと上がります。

逆に初デートで、

「どこに行きたい?」
「何がしたい?」
「何時にどこで待ち合わせする?」

などと、行き先も、プランも、待ち合わせ場所も、何もかも聞いてくるような男性は、「それくらいそっちで決めてよ!」とイライラしてしまう女性も多いです。

ご飯が終わって、次の行き先がなかなか決められない男性もマイナスポイント。
事前に周辺の情報をリサーチしておくぐらいでないと、残念なデートになってしまいます。

女性は恋愛に対して積極的になると引かれるんじゃないかな?と思っているため、初デートで自分からああしてほしい、こうしたい!などと言うことはなかなかできません。

例えば、「この人タイプだから終電逃してもいいな…」と思ったとしても、女性からは絶対に言えません。

男性が女性をリードしなければ、恋愛は先に進まないんです。

自分が女性を引っ張っていく!
その位の意気込みで、初デートに臨んでくださいね。

まなみんの周りでも、女性の行動や考えをうまく察せる男性はモテてます。
女性に対する優しさはもちろん大事。
でも、優しいだけでリードすることのできない男性はモテないんです。

まとめ

初デートの段取りには、男性のリードが必要です。

  • 相手の好みをしっかりおさえる
  • 待ち合わせ場所や時間、デートコースなどの細かい段取りはこちらから提案
  • 相手の女性は確認をするだけくらいにする

これがベストな誘い方。

デートに不慣れでも、どうしたらいいかわからなくても、事前にしっかりリサーチして一日の流れを決めて臨めば、きっと良いデートができますよ。

デートのあとに「楽しかった、また会いたいな」と思わせられるように、会う前からしっかりと女性をリードしてあげましょう!