更新日:

仕事が忙しく出会いがない私がYYCで彼氏が出来た体験談


恋愛体験者:20代後半 独身女性
利用したアプリ:YYC(ワイワイシー)

仕事が忙しく出会いがない!興味本位で恋活アプリに登録

仕事が忙しく出会いがない!興味本位で恋活アプリに登録

建築関係の営業で、毎日忙しく働いていた私。
仕事も楽しく充実しているように感じていましたが、20代半ばを過ぎると友達が次々に結婚していくように。

結婚自体に興味はなかったのですが、彼氏もおらず仕事ばかりの生活に、ふと寂しさを感じ彼氏くらい欲しいと思うようになりました。

だからといって、合コンや婚活パーティーに出かける時間も心の余裕もナシ。
このまま一人かとあきらめていた頃、雑誌でマッチングアプリ(YYC)の広告を見つけたんですよね。

当時、私の友達でマッチングアプリを使っている子はいなかったので、当然不安はありました。

出会い系とマッチングアプリの違いもよく分からず「もしかしたら騙されるかも?」などと心配しましたが、連絡先を教えなければ大丈夫だし、変な人がいたら退会すればいいと思い、勇気を出して登録。

マッチングアプリなら、出かけなくても家で恋活できるので、忙しい私には最高のツールだという気持ちの方が強かったんです。

登録すると、すぐに10人以上の男性からメールがありました。
こんなに早くアプローチされることに、嬉しさより胡散臭いなと…。

写真も登録していない私に、こんなにメールが来るっておかしい…。

今考えると、ペアーズは「こんなもの」だったのですが、初めて使ったときは男性のアプローチの早さに不安を覚えたのを覚えています。

ほとんどの男性は、当たり障りのない=印象に残らないメッセージばかり。

最初はメッセージ全てに返信していましたが、もう返事を書ききれなくなってしまい、途中からは気になった相手だけに変更。

男性には悪いと思いましたが、すべての人に返信するのは無理でしたね。

同じ職種の男性と意気投合

仕事ばかりしていた私にとって、悲しいかな仕事の話が一番しやすい話のネタ。
趣味などを聞かれても、当時は何もなかったので、なかなか盛り上がれず男性との会話も続かなくなり疲れるばかり。

2~3週間は、これといった出会いもなく、数名とやり取りをしていました。
そうこうしていると、職種が同じ建築関係の男性からメッセージが。

彼も私と同じ営業で、仕事の楽しさから悩みまで同じものを抱えていることに、かなり親近感を覚えました。

いつの間にか、メールのやり取りは彼だけになり、携帯番号を教えて電話で話すように。

とても話が合う相手でしたが、私が九州で彼は関東ということもあり、実際に付き合うことなど全然考えていませんでした。

ですから、写真の交換もしていませんでしたし、当然会う約束などもなく、数カ月は電話やメールだけの関係が続きました。

ただ、男っ気のなかった当時のわたしには、それだけでも日々の生活がウキウキするものになったんですよね。

長期休暇をもらい彼の住む所に会いに行くことに

長期休暇をもらい彼の住む所に会いに行くことに

仕事ばかりしていたことが功を奏し、私は成績がトップになり1週間有給とは別の休暇をもらえることになりました。

長期の休みには、よく旅行に行っていたので、今回は休暇を利用して彼に会いに行くことにしたんです。

彼にそれを話したところ、とても喜んでくれたので、すぐに飛行機を手配。
顔も知らない相手と会うということは、本来なら不安を感じると思います。

でも、付き合う訳じゃないし、旅行のついでに彼に会うというくらいの軽い気持ちだったので、ウキウキした気分で出発!

金曜日の夜に九州を発ち、その日はホテルに泊まり、翌日の土曜日の午後から彼に会う予定です。
私はいつもの旅行のときのように、その土地を満喫しつつ彼に会う時を待ったのです。

実際に会ったら予想外!嬉しい裏切り

メールや電話での彼の印象は、とにかく「普通の人」という感じ。

言葉にするのは難しいのですが、声の印象や内容がとにかく普通だったので、顔もあまり印象に残らないような普通の人だと、勝手に想像していました。

土曜日の午後、待ち合わせの場所に行き、電話で連絡を取り合いながら実際に顔合わせ。

初めて見た彼の印象は…、私の好みのタイプのドストライクでした。
イケメンという訳ではないのですが、完全に私のタイプ。

それまでは、友達と会うような気分でしたが、一気にテンションが上がり心臓はバクバク。
正直、その日の記憶はほとんどありません。
恐らくかなり舞い上がっていたとおもいます。

ショッピングをして、夕食を食べたら泊まっているホテルまで送ってくれました。
私は「もしかして!」と少し期待していましたが、彼は送ったタクシーに乗ってそのまま帰ってしまいました。

翌日も、観光に連れて行ってもらう予定だったので、その日の夜は眠れないほど嬉しかったです。

翌日のデートも電話の時より楽しく、久しぶりに仕事以外で充実した時間を過ごしました。

ただ、少し期待していたにも関わらず、彼は休みの間私に触れることなく、本当の友達のように接してくれました。

誠実な人だとも思いましたが「私に女性としての魅力を感じなかったのかも」と少し寂しい気持ちにもなりました。

別れ際に「また電話するね」と言われましたが、何だかこれで終わりのような気にもなってしまい、会えた嬉しさと寂しさの混じった複雑な気持ちで帰宅。

また、何もない普通の生活に戻る気がして、すごく悲しくなりました。

何もなく帰宅した私に嬉しいメール

何もなく帰宅した私に嬉しいメール

複雑な気持ちで帰宅した私の携帯に、彼からメールが!

「今度は僕がそっちに遊びに行くね。」

その後も、以前と変わらずやり取りが続き、彼は本当に私の所にも有給を使って遊びに来てくれました。

その時に、彼から付き合おうと言われ、マッチングアプリでの出会いから約半年で恋人になったんです。

後から聞きましたが、最初に彼に会いに行った時、彼も私を見て好きになってくれていたらしく、中途半端に関係を持つのはいけないと思ったとのこと。

私たちのその後1年程付き合い、私が彼の所に引っ越す形で結婚することに!

YYCに登録した当初は、まさか2年後自分が結婚しているとは想像もしていませんでした。

逆に考えると、あの時興味本位でアプリに登録していなかったら、今でも仕事ばかりの人生を送っていたでしょう。恐ろしい…。

その後、彼氏が欲しいという友達がいたら、私が出会ったYYCを紹介しています。

だって、結構普通の人が登録しているし、私のように人生が変わっちゃうような出会いもあるからです。

今は、彼との生活と仕事の両方を楽しんでいます!

→YYC(ワイワイシー)の詳細はこちら