出会い系・マッチングアプリで出会うまでの期間は2週間がベスト

実際に会うまでのLINEのやり取り期間。2週間~1ヶ月以内に会おう

出会い系マッチングアプリでのやり取り。

いったいいつ・どのタイミングでデートに誘えばいいのか、悩んだことはありませんか?

  • 会おうと言ったら、既読スルーのまま放置されてしまった…
  • 会いたいのに言い出せないまま、もう2ヶ月たってしまってメル友状態…

こんな失敗は避けたいですよね。

そこで今回は、やり取りを始めてからデートの誘い方、実際に会うまでの流れを解説します!

出会い系やマッチングアプリから出会うまでの期間。目安は2週間

スマホを見る女性

マッチングアプリや出会い系で実際に出会うには、まず女性から返信を貰わなくてはいけません。

返信率をアップさせるファーストメールの送り方を参考に、返信が来たらやり取りのスタートです!

1~2週間もメールのやり取りをすれば、相手の好きなことや趣味、休日の過ごし方や生活リズムなど、だいたいのことは分かってきます。

実際に会って話してみたいと思い始めるのも、1~2週間目頃。

話が盛り上がる=気持ちが盛り上がっている」ということ。
このタイミングを逃さず、デートに誘いましょう。

やり取りを始めて1~2週間程度が会うタイミングです!

出会い系は、出会うまでの期間が長いと逆効果

出会い系に登録している女性は、リアルな出会いに繋がる相手を探しています。

1ヶ月を過ぎても誘われないと、女性はこんな風に感じてしまうことも。

  • この人、私に会うつもりないのかも…
  • 会ってもいいと思ってたのに、何だか盛り下がってきた…

会うタイミングを逃してしまい、そこで終了。

仕事が忙しくてなかなか都合がつけられない場合でも、実際に会いたい気持ちがあることを必ず伝えておきましょう。

メールでのやりとりが1~2週間続いている時点で、女性はあなたに好意的。
会うタイミングを逃さないことが、実際に出会うためのコツですよ。

出会い系やマッチングアプリで、実際に会えた体験談

電話をしている女性

実際のところ、やり取りを始めて2週間前後で会っている人が多いようです。

マッチングアプリや出会い系での出会いは、会うタイミングが最重要。
女性視点から見た体験談をご紹介します。

メールを始めて3週間目

マッチングアプリで出会った彼氏とお付き合いを初めて、もうすぐ1年になります。
出会い系も含め、数人の方と実際に会いました。

マッチングアプリや出会い系をやっている友達、私自身の経験も含めて、実際に会うまでには2~3週間というケースが多かったです。

今の彼とも3週間ほどで会いました。

会うまでは、基本的にメールは1日1往復。
回数は少なかったかもしれませんが、毎日欠かさずやり取りが続きました。

お互いに質問したり、いろいろ話したりするうちに彼に興味が湧いていき、会ってみたい気持ちがどんどん高まって。

後で聞いたら、彼も同じ気持ちだったそうです。

いつ会いたいって言ってくれるのかな、彼の方から言って欲しいな…。

そう思っていたタイミングで、彼が「今度、一緒に食事でもどう?」と誘ってくれたんです。

お互いの気持ちが通じ合っている気がして嬉しかったので、私も即OKしました。

今の彼とは3週間でしたが、メールの回数やお互いのタイミングによっては、もっと早く会って上手くいっている友達もいます。

大切なのは「何週間目に会うか」ではなく、お互いに気持ちが高まったタイミングだと思いますよ。

2週間くらいで会っても良いという気持ちになりました

マッチングしてすぐに会おうって言ってくる人、結構いますよ。
こういう人は十中八九ヤリモクなので、スルーします。

メールしていく中で、相手が真剣に交際を望んでいるかどうかを見極めるには、だいたい2週間くらいでしょうか。

でも実際会ってみて、メールでの印象と違うこともあります。

  • メールではいろいろ話したけど、会ってみたら無口な人で全然会話が弾まず話題に困る
  • 真面目そうな感じだったのに、会ってみたらいかにも遊んでそう

そういうときは相手の出方にもよりますが、ダメなら次へ行こうってなりますね。
2週間くらいなら気持ちの切り替えも早いです。

逆にメール期間が長すぎると、期待が大きかった分ダメージも大きいです。

今までメールに費やしてきた時間は何だったの?となってしまいます。

私の場合は、メールのやり取りを初めて1週間くらい経つと、「会ってみたいな」という好奇心が沸いて。
好奇心が「この人に会いたい」に変化するまで、もう1週間って感じでしょうか。

気持ちが盛り上がっているタイミングで会えるのが一番ですね。

やりとりを初めてから会うまでは、2週間くらいがベストだと思っています。

2ヶ月間メールだけの関係になってしまいフェードアウト

マッチングアプリで初めてメールのやり取りをした彼と意気投合。
毎日メールをするようになりました。

お互いの趣味や仕事の話などで盛り上がりましたが、なぜか彼はなかなか会おうと言ってくれなくて。

「慎重な人なのかな?」
「会いたいと言って、断られるのを心配しているのかな?」
「私から誘うのを待っているのかな?」

いろいろ考えたのですが、そうこうしているうちに1ヶ月、2ヶ月と経ち、メールの回数も減っていきました。

彼からメールが来る回数が減ったというよりも、私がメールをすぐに返さなくなってしまったからです。

その後は、自然にフェードアウトしてしまいました。

お互いが同じタイミングで会いたいと思うことが重要

今回は3人の女性の体験談をご紹介しましたが、女性側の意見をまとめると以下の通り。

  • 2~3週間がベストなタイミング
  • 1ヶ月以上経ってしまうとタイミングを逃すケースが多い

とはいえ、1ヶ月以上でもお互いに会いたい気持ちが冷めていなければ、会えるチャンスはあります。

ストレートに会いたいと言う自信がないのであれば、そろそろ会ってみたいな…という含みを持たせたメールで彼女の出方をうかがってみましょう。

彼女の方は、あなたから会いたいと言ってくるのを待っているかもしれませんよ!

女性に「会いたい」と思わせるメッセージのやり取り

スマホを操作する女性

この人に会ってみたい」と女性が思わなければ、実際に会うことはできません。

女性に会いたいと思わせる、メッセージのやり取りのポイントをご紹介します。

返信をもらうために、プロフィールとファーストメールを作り込む

スマホを弄っている女性

やり取りを続けることを考える前に、まずは最初のメールに返信をもらわないと何も始まりません。

そのためには、たくさんの男性会員の中から「この人と仲良くなりたい」と思ってもらわなくてはならないのです。

第一印象になるプロフィールとファーストメールは、こだわって作り込むことが大切。

サイトに登録したら、女性ウケがいいプロフィールの書き方を参考に、女性にアプローチをする前にプロフィールを作りましょう。

気になる女性を見つけたら、相手のプロフィールや書き込みを隅々まで読んでファーストメールを送ります。

時間をかける分チャンスが減るように感じるかもしれません。
ですがマッチングアプリや出会い系サイトは、数打ちゃ当たるというものではありません。

最初にしっかりと下準備をしておくことで、最低限の課金で出会える確率を上げることになりますよ。

会話は聞き役に徹する

スマホで会話している女性

仲良くなりたい、早く会いたい気持ちが先行して、女性の話をちゃんと聞けていない男性も多いもの。

  • 自分の話を聞いてもらいたい
  • 自分の話に共感してもらいたい
  • 自分を肯定してもらいたい

女性が男性からの返信に求めている内容は、上記の通り。
これらを満たしてあげることで、女性はあなたに安心感好意を抱いてくれます。

聞き上手はモテ上手。
意味のない内容に思えても、そこには女性からのメッセージが込められている場合がほとんどです。

例を挙げて見てみましょう。

「こんばんは!
今日は残業になってしまい疲れました…。仕事帰りにコンビニでスイーツを買ってしまいました~
ダイエット中なのに…ストレス溜まってるのかも(>_<)
○○さんは甘いもの食べますか??」

女性からこのようなメールが来たら、あなたならどう返信しますか?

「こんばんは!僕も甘いもの好きですよ。
コンビニスイーツだと、ローソンのものが好きです♪」

文末の質問を拾っての返信。
無難なように見えますが、実はコレ、アウトです。

先ほどのメールの中には「甘いものが好きか?」という質問の他に以下の話題も含まれています。

  • 残業で疲れた
  • ストレスが溜まっている
  • ダイエットをしている

複数の話題を振られたら、できるだけ全てに触れるようにしましょう。

それにより女性は、自分の話をしっかり聞いてくれていると感じ満足できます。

「こんばんは!お仕事お疲れさまでした(>_<)
仕事ばかりではストレスが溜まりますよね。
たまにはストレス発散しないと体調を崩してしまうので、気ををつけてくださいね。写真を見ましたが、ダイエットは必要ないんじゃないのかな?
 
ガリガリは健康的じゃないので、少しくらいふっくらしている方が可愛いですよ!僕も甘いものは大好きです。最近はローソンのコンビニスイーツにハマっています!
 
○○さんのオススメスイーツも教えてもらえますか?」

少し長くてくどいようにも見えますが、多少の長文は本気度が伝わって好感度もアップします。

女性からのメッセージの返信時、心がけたいのは以下の通り。

  1. 女性の返信に含まれる話題を全て拾い
  2. 相手を肯定して
  3. 自分からも話題を提供

自分の話は後回し。
女性中心の会話を心がけることが、出会いに繋がりますよ。

メッセージには、疑問文を多く入れること

スマホを耳に当てて首をかしげる女性

先ほどの例文にもあるように、疑問文は会話のキャッチボールをしやすくしてくれるキーワード。

返信がしやすくなりますし、あなたのことが知りたいというアプローチにもなります。

ですが中には自分のことを根掘り葉掘り聞かれているようで、嫌な気分になる方もいるかもしれません。

相手に負担を感じさせず継続して返信をもらうため、相手の内容次第で頻度は調整しましょう。

女性も毎回疑問文を入れてくるなら、こちらも入れます。
女性が全く疑問文を入れないのなら、3回に1回くらいにすると良いですね。

ここで気を付けたいのが、返信を急かすような追い打ちメッセージ。

特に疑問文を送って女性の返信が滞ると、何か気に障ったのか、答えづらいのかなど心配になると思います。

そんなときに「どうしたの?」「返信はまだ?」と返信を催促してしまうと、完全に嫌われてしまうので絶対に止めましょう。

元からの知り合いではないのですから、毎日連絡を取らなくても不思議ではありません。

単純に忙しいかもしれないですし、どの男性と仲を深めようかと考えているかもしれません。

追い打ちメッセージは、会いたい男性リストから除外確定の禁じ手です。

返信がない間は他の女性とやり取りをする、くらいの余裕も大切。
返信を急かすのだけは絶対に厳禁ですよ。

日記を書くのも良い

スマホを持ったノースリーブの女性

YYCワクワクメールなど大手出会い系サイトでは、日記機能が導入されていますよね。

サイトを通じて女性と実際に出会いたい!と考えているのなら、日記を書くのもオススメです。

やり取りを続けていくうちに話すことがなくなってきても、日記の内容に触れることで新たな話題が生まれることも。

日記のコメント欄でのやり取りは大抵お金がかからないのも、男性にとっては嬉しいですね。

書くことがない…という方も多いかもしれませんが、毎日の食事を写真に撮って食べた感想をアップするだけでもいいんです。

ペットの仕草、空の写真、仕事のこと…本当に何でも良いのでとりあえず書いてみましょう。
他の人の日記を見て参考にするのも良いですね。

「今日のお昼は職場の近くに新しく出来た定食屋さんで!
量が多くて味も良かったのでまた来よう♪」

この程度でOKです。

書いているという状況が大切なのであり、内容はそこまで重要ではありません(面白いにこしたことはないですが)。

ちなみに男性が出会い系サイトに日記を書くのは女性と出会う確率を上げるためですが、女性が書くのは「注目されたいから」です。

やり取りをしている女性が日記を書いていないかどうかは必ずチェックして、日記を見つけたら必ずコメントをするようにしましょう。

SNSに書き込みをして、何も反応が得られないと寂しいですよね。
女性は、自分の日記に男性が反応してくれると嬉しいんです。

写メ交換

写真をプロフィールに載せていれば顔は分かりますが、写真がないままやり取りが続いてしまうケースもあります。

会う事を考えると、顔を知らないままのやり取りは相手も不安。
なるべく写真交換はしておきましょう。

イケメンに写ろうとして斜め上からキメ顔で撮った写真などは、女性からあまり印象は良くありません。

少し視線を外しているような写真、何かしているところを誰かに撮ってもらったような素の写真の方が、女性の目にはカッコよく写りますよ。

連絡先を聞くのは会う約束をしたときが自然

街中でスマホを操作する手

男性はサイトを使う分だけお金がかかってしまうので、出来るだけ早く女性の連絡先が知りたくなりますよね。

ですが仲良くなる前に連絡先を聞いてしまうと、ほとんどの場合やり取りが途切れてしまいます。

  • 見ず知らずの人に連絡先を教えるのは誰でも不安
  • お金を気にして焦っていると思われる
  • ヤリモクだと警戒される

女性の心配を取り除くためにも、連絡先を聞くのはやり取りを続けて仲が深まってから。

具体的なタイミングは「会う前」です。
会う約束さえしてしまえば、

「当日連絡取りやすいように、LINE交換しませんか?」

このように自然な流れで連絡先の交換ができます。

大抵はこの段階で教えてくれますが、実際に会うまでは信用できないと感じる女性もいるので、無理強いはしないでくださいね。

プロフィールやファーストメールに「仲良くなれたら連絡先を交換して、たくさんお話をしたいと思っています!」と書いてしまうのもオススメですよ。

出会い系やマッチングアプリでの誘い方

やり取りがいい感じに続いたら、いよいよデートのお誘い。

ここまでの労力を無駄にしないためにも、女性がOKしたくなる誘い方をしたいところです。

ポイントは、自然な流れと話題のチョイス。
例文と併せて解説します!

何を食べたのか?何をしていたのか?
極々当たり前の日常的な内容から、自然にデートのお誘いをしてみましょう。

「〇〇さんパスタ好きだって言ってたから、最近パスタのお店が気になっちゃって。この前行ったお店、クリーム系絶品でした!
△△ってお店、知ってますか?」

女性がお店を知っていても知らなくても、「良かったら今度一緒にどうですか?」という流れに持っていきやすくなりますね。

食べ物きっかけでのお誘いは、自然な流れで女性もすんなり受け入れやすいもの。

食べ物以外にも、映画や話題のスポットなど、女性の好みや趣味に合わせて応用できます。

「この間△△観てきたんですけど、今上映中の映画は話題作多いですよね!
〇〇さんは最近何か観ました?」

女性の返信内容から会話を膨らませ、「良かったら一緒に行きませんか?」という流れに。

女性の趣味や好きな食べ物、興味のあることを前もってリサーチしておきましょう。
「こんなにメール続いたの、正直〇〇さんが初めてです^^
気が合うっていうか、感覚が合うっていうか。
もし〇〇さんさえ良ければ、今度お食事でもいかがですか?」

ストレートに「気になるから実際に会ってみたい!」というパターン。

共通の話題で盛り上がったときならこんな誘い方もアリです。

ただし会話の流れに沿っていないと唐突に感じられてしまうので、タイミングを見計らってくださいね。

まとめ

  • 出会い系やマッチングアプリで会うタイミング、目安は2週間
  • 1ヶ月以上のやり取りは、会うチャンスを逃す場合も
  • 会いたい気持ちが盛り上がっているときを見逃さない
  • 聞き上手はモテ上手、会話は聞き役に徹しよう

彼氏作りを目的としている女性は、気の合う男性とは早く会ってみたいと思っています。

実際に会うチャンスを逃さず、いい出会いに繋げてください!