更新日:

出会い系攻略!会うまでのLINEのやり取り期間は2週間~1ヶ月以内がベスト!

実際に会うまでのLINEのやり取り期間。2週間~1ヶ月以内に会おう

こんにちは!
モテたい男性を応援する、アラサーOLのまなみんです!

「やったー!出会い系からLINE交換が出来た!」

と思っても、出会い系で知り合った相手と会う約束をスムーズに取り付けるのって難しいもの。

「会おうと言ったら、既読スルーのまま放置されてしまった…」

「会いたいのに言い出せないまま、もう2ヶ月たってしまってメル友状態。。」

こんな失敗は避けたいですよね…。
そこで今回は私、まなみんがやり取りを始めてから実際に会うまでの流れを解説します!

さっそく見ていきましょう!

会うまでのLINEのやり取りの目安は2週間~1ヶ月

メールのやり取りは長い方が良い?短い方が良い?

ここでは会うまでのメッセージのやり取りが短い場合を2週間~1ヶ月、長い場合を1ヶ月以上として説明します。

メールの期間は短すぎてもNGです。

少なくても1週間以上はやり取りをしましょう。

やり取りの期間は2週間~1ヶ月がベスト

ファーストメールの返信が来たら、やりとりがスタートです!

返信率をアップさせるファーストメールの送り方は、こちらを参考にしてください。
→女性の返信率アップ!ファーストメール

1~2週間もメールのやり取りをすれば、相手の好きなことや趣味、休日の過ごし方や生活リズムなど、だいたいのことは分かってきます。

メールを始めて2週間程たった時が、一番話題が盛り上がります。
実際に会って話してみたいと思い始めるのも、1~2週間目頃。

やり取りを始めて1~2週間目頃が、会う約束を取り付けるベストタイミングです!

1ヶ月以上のやり取りにはデメリットが生じる

出会い系に登録している女性は、リアルな出会いに繋がる相手を探しています。

1ヶ月を過ぎても誘われないと、「この人は私に会うつもりはないのかな」と思われ、そこで終わってしまいます。

仕事が忙しくてなかなか都合がつけられない場合でも、実際に会いたい気持ちがあるということはやり取りの中で伝えておきましょう。

出会い系で知り合った相手と実際に会えた人の体験談

最適なタイミングは2週間~1ヶ月

実際に会えた人は、やり取りを始めてどれくらいの期間で会っているのでしょうか?体験談を見てみましょう!

メールのやり取りから交際までに至ったカップルの話をご紹介しますね。

メールを始めて3週間目

出会い系で出会った彼氏とお付き合いを初めて、もうすぐ1年になります。
出会い系では、数人の方と実際に会いました。

周りの出会い系をやっている友達や私自身の経験も含めて、実際に会うまでには2~3週間というケースが多かったです。
今の彼とも3週間ほどで会いました。

会うまでのやり取りですが、基本的にメールは1日1往復。
やり取りをしていくうちに、お互いに質問したり、いろいろ話したりするうちに彼に興味が湧いていき、会ってみたい気持ちがどんどん高まっていきました。
後で聞いたら、彼も同じ気持ちだったそうです。

実際、いつ会いたいって言ってくれるのかな、彼の方から言って欲しいな…と期待していたのですが、ちょうどそのタイミングで彼が「今度、一緒に食事でもどう?」と誘ってくれたのです。

お互いの気持ちが通じ合っている気がして嬉しかったので、私も即OKしました。

今の彼とは3週間でしたが、メールの回数やお互いのタイミングによっては、もっと早く会って上手くいっている友達もいます。

いちばん大切なのは、【何週間目に会うか】ではなく、お互いに気持ちが高まったタイミングだと思いますよ。

2週間くらいで会っても良いという気持ちになりました

出会ってすぐに会おうって言ってくる人、結構いますよ。
こういう人は十中八九ヤリ目なので、スルーします。

メールしていく中で、相手が真剣に交際を望んでいるかどうかを見極めるには、だいたい2週間くらいでしょうか。
でも、実際会ってみてメールでの印象と違うということもあります。

メールではいろいろ話したけど、会ってみたら無口な人で全然会話が弾まず話題に困るとか、真面目そうな感じだったのに、会ってみたらいかにも遊んでそうだったとか。

そういうときは相手の出方にもよりますが、ダメなら次へ行こうってなりますね。

2週間くらいなら気持ちの切り替えも早いです。
逆にメール期間が長すぎると、期待が大きかった分ダメージも大きいです。

今までメールに費やしてきた時間は何だったの?となってしまいます。
ですので、本気で会いたいなら2~3週間でしょうか。

私の場合は、メールのやり取りを初めて1週間くらい経つと、【会ってみたいな】という好奇心が沸いてきます。
で、その気持ちがもう1週間続けば【会いたい】ってなります。

なので、やり取りを初めてから会うまでは2週間くらいがベストだと思っています。

2ヶ月間メールだけの関係になってしまいフェードアウト

出会い系で初めてメールのやり取りをした彼と意気投合し、毎日メールをするようになりました。
お互いの趣味や仕事の話などで盛り上がりましたが、なぜか彼はなかなか会おうと言ってきませんでした。

「慎重な人なのかな?」
「会いたいと言って、私からメールが来なくなるのを心配して何も言ってこないのかな?」
「私から誘うのを待っているのかな…」

いろいろ考えたのですが、そうこうしているうちに1ヶ月、2ヶ月と経ち、メールの回数も減っていきました。

彼からメールが来る回数が減ったというよりも、私がメールをすぐに返さなくなってしまったからです。
その後は、自然にフェードアウトしてしまいました。

お互いが同じタイミングで会いたいと思う、これが重要です。

他にも色々調べましたが、女性側の意見をまとめると、だいたい2~3週間がベストなタイミング、1ヶ月以上となるとタイミングを外した形が多かったです。

とはいえ、1ヶ月以上でもお互いに会いたい気持ちが冷めていなければ、会えるチャンスはあります。

ストレートに会いたいと言う自信がないのであれば、そろそろ会ってみたいな…という感じを含んだメールで彼女の出方をうかがってみましょう。

彼女の方は、あなたから会いたいと言ってくるのを待っているかもしれませんよ!

女性に「会いたい」と思わせるLINEのやり取り

LINE交換から実際に会うまでのステップ

女性に「この人に会ってみたい!」と思わせなくては、実際に会うことはできません。
どうしたら女性に「会いたい!」と思わせられるのでしょうか?

女性に会いたいと思わせる、LINEのやり取りのコツを紹介します!

女性の話を聞く

まずは女性の好きなこと、興味のあることを聞き出しましょう。

女性は共感してもらえると安心できるもの。
共感してくれる人を好きになります。

彼女がどんなことに興味を持っているのかを聞いてみましょう。

自分の話は後回し。
女性中心の会話を心がけることが出会いに繋がりますよ。

メッセージの追い打ちはしない

メッセージのやり取りが始まったら、やり取りの頻度は彼女のペースに合わせます。

LINEが既読スルーされたからって、何通もメッセージを送るのは厳禁。
忙しいのに返事を催促されるのは、女性にとって負担です。

LINE交換が始まって、1、2回しかやり取りをしていないのに会いたいというのもNG。
ヤリたいだけの軽い人なのかな?と思われる原因です。

写メ交換

写真をプロフィールに載せていれば顔は分かりますが、写真がないままLINE交換する事もあります。

会う事を考えると、顔を知らないままのやり取りでは相手は不安です。
出来るだけ会うまでに写真交換はしておきましょう。

イケメンに写ろうとして斜め上からキメ顔で撮った写真などは、女性からあまり印象は良くありません。
少し視線を外しているような写真、何かしているところを誰かに撮ってもらったような素の写真の方が、女性の目にはカッコよく写りますよ。

話題が盛り上がったタイミングでデートに誘う

お互いにもっと話したいと思うようになったら、すかさず「会って話してみたい」気持ちを伝えましょう。

誘うのはお互いに共通の話題で盛り上がっているタイミングがベスト。

「もっと○○さんと話してみたいな」という軽い感じの誘い方がオススメです。

まとめ

彼氏作りを目的としている女性は、気の合う男性とは早く会ってみたいと思っています。

お互いの会話が盛り上がっている時が、誘い時!
デートコースを考えましょう。
→初デートの待ち合わせ方法とデートコースの具体例を紹介

実際に会うチャンスを逃さず、いい出会いに繋げてくださいね。