更新日:

【出会い系体験談】初めて出会い系サイトを使ったシングルマザーの本音

【出会い系体験談】初めて出会い系サイトを使ったシングルマザーの本音


出会い系を利用した年齢:30代前半
シングルマザー/子供アリ
登録したサイト:ワクワクメール

離婚後出会い系サイトに登録

離婚後出会い系サイトに登録

出会い系を利用した目的は、離婚して実家に帰り夜に時間ができるようになったからです。
出会い系にあまり抵抗がなかったのは、友達が出会い系で知り合った男性と長年付き合っていたから。
また今までの私を知っている友達と会うと、どうしても元旦那の話になってしまうので、何も知らない人と知り合って真っ新な状態で会話をしたかったというのもあります。

私の場合は男性と実際会う気は全くなく、メル友でもできれば時間つぶしができるかな、という程度の軽い気持ちでした。
プロフィールにも、そんなことを書いたとおもいます。

サイトに登録すると、すぐに男性からメッセージが届き始めました。
まだ顔写真も載せていませんし、プロフィールもかなり適当なのに、どんどん送られてくるメールに「みんな大丈夫なの?」というのが正直な気持ちででした。
自分で言うと変ですが、怖い女かもしれませんし、もしかしたら男性かもしれないのに…と。

最初は慣れていないこともあって、送られてくるメッセージ全てに返信していました。
せっかくメッセージをくれたのだから、無視するのは失礼な気がしたからです。

しかし、メッセージのやり取りをする中で、ほとんどの人に感じたのが「会話する気あるの?」というもの。
特に多かったのが、以下のような男性です。

  • こちらの質問したことと微妙にズレた返答をしてくる
  • 会話が全く弾まない(ほとんど会話にならない人も)
  • ネガティブな内容が多い
  • 何を言いたいのか、何をしたいのか分からない
  • 一方的に写メを送ってくる(ほとんどがキメ顔の自撮りで引きました)

大半の男性は、全くメッセージのやり取りが盛り上がりませんでした。
「お仕事は何系ですか?」という質問に対して「上司と気が合わなくて大変です」など、ズレた返事を返す人。

嫁の悪口ばかりの人。
仕事の愚痴ばかりで楽しい会話のできない人。
女性を警戒しすぎて、会話が全く進まない人。

そんなメッセージのやり取りに、登録して1週間後にはクタクタになりました。

中でも数名いましたが、「出会い系で何人と会ったの?」「誰とも会ったことないなんて嘘でしょ」「どうせ女はメッセージがたくさんくるんでしょ?」などと、聞いたところでどうするのだろう、という質問をする人が多かったです。
こんな質問をする男性とは、会話を続けても恐らく面倒になるので、すぐにメッセージをお断りするようにしました。

女性からすると、他に何人かと会っていたとしても、返事に困ります。

本当に女性と出会いたい人は、このような質問や元カレについての質問などは辞めておいた方が良いと思います。
女性は新しい出会いを求めているとき、過去の話をされるとイヤな気持ちになる人が多いからです。

ただ意外だったのは、すぐに会おうとする人や、エッチな会話をしてくる人が少なかったことです。
もちろんゼロではありませんでしたが、相手のことも知らないのに「週末会わない」と言われても、普通の女性なら大半の人がお断りします。
挨拶も何もなく電話番号やアドレスを聞く人は、メッセージにかかる費用を抑えたいのが見え見えで、相手に興味をそそられることはありません。

こんな状態で、恐らく20名くらいの人とやり取りをしていていましたが、会話に疲れたのと返信が追い付かなくなったことで、会話が続く人だけに絞ることにしました。

3人の男性と引き続きやり取りをしたのですが、その中で特に話の合う男性と2週間ほどメッセージのやり取りをしました。

20人から1人に絞って、初めて実際会うことに

20人から1人に絞って、初めて実際会うことに

先方から要望はありませんでしたが、男性はメッセージのやり取りが有料なので、フリーメールでのやり取りを提案しました。

すると、ネットのことは分からないということだったので、携帯メールにやり取りを切り替えて、1か月ほどメールが続きました。

彼は自営業をしている30代後半の男性で、久しぶりに休みがあるのでコーヒーでも飲もうということになりました。
人がたくさんいる場所なら安心と思い、お互いの住んでいるところの中間ほどにあるカフェで会うことになりました。

実際に会ってみると、とても紳士的な人で会話も盛り上がりました。
顔も好みのタイプで、少し強面ですが笑うと可愛いところが魅力的でした。

おしゃべりなタイプではありませんでしたが、仕事の話や身の上話にとても興味をそそられました。

彼もバツイチで子供はおらず、サイトでは独身ではなく同じバツイチの人を探していたとのこと。

仕事の内容を聞くと休日はあまりなく、2年前に離婚してからは仕事に明け暮れていたそうです。
次の休みはまだ分からないとのことだったので、その日は2時間ほどカフェで話して別れました。

翌日からも変わらずメールが届き、初対面から2週間後に2人で居酒屋に行きました。
私はお酒が飲めないので、自宅を教えてもらい送迎をすることになりました。

子供がいるので長時間のデートはできないと伝えており、早めの時間から会うことになりました。
居酒屋で3時間ほど飲んだ後、彼を自宅まで送りましたが、誘ってくるわけでもなく、すんなりと2回目のデートは終了。

その後すぐに「付き合ってほしい」と言われて、付き合うことになりました。

都合のいい存在では、と徐々に感じ始めた

都合のいい存在では、と徐々に感じ始めた

付き合った後に話を聞いたところ、付き合う前にエッチをしたりするのは好きじゃないとのことで、かなり好感が持てました。

付き合い始めた最初の内は、わたしも久しぶりの恋人の存在に浮かれまくっていました。
「可愛い」「好き」と言われることなど結婚していたときにはなかったので、彼にどんどん夢中になりました。
彼も最初はとても優しく、ガソリン代や食費と言ってお金をくれることもありました。

ただ、如何せん彼の仕事が忙しく、時期によっては2~3か月会えないこともありました。

もちろん私も、子供がいるので彼氏に使う時間は限られています。
それでも、何とか時間を作って半日会ってデートをすることがありました。

しかし、付き合って1年が経つ頃には、彼の帰宅が少し早いときに電話がかかってきて、呼ばれたら家に行って会うというデートだけになりました。
わたしも子供が寝た後の時間なので、母に預けて会いにいけるので都合は良かったのですが、何だか恋人という感じは徐々になくなっていきました。

言い方は悪いですが、都合のいいときに電話で呼ばれて家に行くデリヘルのような、何だか空しい気持ちになってきたのです。
付き合って1年半くらい経ったとき、彼のことは嫌いではありませんでしたが別れることにしました。

彼は感情あまり出さないクールなタイプだったので、別れを告げてもあっさりと了承してくれると思っていました。
しかし、別れると言うと「嫌だ」とごねられ、1時間ほど説得しても了解はしてくれませんでした。
デリヘルみたいでイヤだという私に、「毎日メールをするのは好きだからで、デリヘルなんて思っていない」と言います。
確かに、朝と夜は必ずメールが来ていましたが、私が望んでいたのはそんなことではなかったのです。
どんなに忙しくても、どんなに疲れていても、一度くらいは自分から会いに来て欲しかったのです。

翌日はお互い仕事だったので、その日は帰ることにしましたが、最後まで別れたくないの1点張り。

翌日もいつもの時間にメールが来て、今夜にでも会って話がしたいと言われましたが、もうわたしはその気がなかったので行きませんでした。
もし、彼が自分から会いにくれば考えも変わったと思うのですが、別れるのは嫌だと言いながらも、私が彼の家に来るのを待っていたので「もう無理だな」と、少し迷っていた気持ちも吹っ切れました。

その後のメールに「本当に無理なので別れます」と伝えて、彼からのメールは一切返信するのを辞めました。

別れた後もメールを何度も送ってくる人だった

別れた後もメールを何度も送ってくる人だった

しばらくはメールが来ていましたが、数か月するとあきらめたのか「寂しいけど別れます」というメールが来て、しばらくは音沙汰ありませんでした。
安心していましたが、1か月も経たないうちに「エッチしに来て」というメールが。
そんなメールが嫌だったと伝えたのに「愛してるからエッチしたい」と。

その後も定期的に「エッチしたいから会いに来て」というメールが送られてきました。
嘘でも「顔が見たい」とか「会って話がしたい」と言ってくれればいいのに・・・。
数か月もしたら、わたしにも新しい彼ができたので「彼氏ができたので、もうメールは困ります」と返信。
するとその時は了解してくれても、定期的に同じような内容のメールが届きました。

現在も、忘れた頃にメールがきます。

バツイチでお互いいい年齢だとはいえ、最低限のマナーは守ってほしかったです。
最初の紳士的な彼は何だったの?とおもいますが、いい勉強になりました。
出会い系で会っても、素敵な方ならそのままお付き合いしていたと思います。

少々クセのある人だったので長期間付き合うことはありませんでしたが、出会い系にも普通の人がいて恋人ができるのだと分かりました。

彼女が出会ったサイト→ワクワクメール